Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku今、生姜がアツい?意外なメニ…
2016.03.23
今、生姜がアツい?意外なメニューにもピッタリの新生姜活用術
ごはんのお供に、おつまみに、そのまま食べて美味しい岩下の新生姜。岩下の新生姜ミュージアムやオリジナルの新生姜グッズがネットでも話題になっています。 この春には岩下の新生姜と東京・秋葉原の「和 Style.cafe AKIBA」とのコラボカフェが期間限定でオープン。 そのカフェと、もっと生姜を楽しむためのアレンジレシピを紹介します。
和食lab

コラボカフェが誕生

和食lab
岩下の新生姜ミュージアムが、期間限定で秋葉原にコラボカフェをオープンします。 ネットでも何かと話題の新生姜グッズや美味しい新生姜メニューも食べることができるとか。 早朝から夜遅くまで楽しめるので、東京観光にもおすすめです。
和食lab

コラボカフェのおすすめメニュー「新生姜のタルタルソース」

コラボカフェでも登場する「新生姜のタルタルソース」。 新生姜の甘酸っぱさとシャキシャキ感が美味しいタルタルソースです。 フレンチフライやスナックにディップして、おつまみやおやつに。 エビフライや白身魚のフライにかけても美味しいですよ。

簡単なのに絶品「新生姜の肉巻き」

お弁当に、おつまみに、新生姜を豚肉で巻くだけの簡単メニュー。味付けも新生姜だけで決まるのでとっても簡単に作れます。

サンドイッチにも新生姜

新生姜はサンドイッチやトーストに、ピクルス感覚で使えます。 コールスローや卵サラダに混ぜたり、新生姜のスライスとチーズを一緒にトーストするのもおすすめです。

食べるマヨネーズ!?半熟卵の岩下漬け

ピンク色に染まったかわいい卵は、新生姜の漬け液で簡単に作れます。とろーり半熟の黄身に新生姜の甘酢が効いて、まるでマヨネーズのようなまろやかさになります。 新生姜の残った漬け液で美味しいアレンジが楽しめるのも嬉しいポイントです。

そのままでも美味しい新生姜漬けだから、簡単に美味しいメニューにアレンジ可能。漬け液まで有効活用できるレシピでこの春の新生姜を堪能してみては。