Topsankaku和食の名店・達人sankaku東京のブルックリン!?注目エ…
2016.04.09
東京のブルックリン!?注目エリア「蔵前」で和食を味わえる名店
ハイセンスなショップやアトリエが立ち並び、サンフランシスコのダンデライオンチョコレートが日本初出店した蔵前は「東京のブルックリン」と呼ばれていますが、和食が楽しめるお店も数多くあります。かつては江戸幕府の御米蔵があったという蔵前の人気和食店をご紹介します。
蔵前

志ま

カウンター6席のみの小さなお店です。昼は定食屋、夜は小料理屋さんとして営業しているようです。ランチメニューは魚料理の定食のみで、800円均一。鮮度の良い魚を使っているので、魚が苦手な人でも美味しく食べられるそうです。

すぎ田

あっさり系で人気のとんかつ屋さんです。火を通し過ぎないように細心の注意を払って揚げられたお肉にはほんのりとピンク色が残っています。ソースや醤油も合いますが、素材の味が引き立つ「塩」で食べる方が多いようです。

蔵前 結わえる

素材にこだわった定食屋さんです。炊き上げてから3日間以上寝かせた「寝かせ玄米」は、もちもちの食感で、甘くてコクがあり、どんな料理にも合うそうです。お惣菜は健康的で優しい味わいのものが揃っています。
石原さとみさんやトリンドル玲奈さんが食べていると話題になった「寝かせ玄米」。 もっちりとした食感は玄米の概念が変わるそう。

蔵前いせや

創業120年の歴史を持つ老舗の天ぷら屋さんです。ごま油を使用し、濃い目の味がしっかりとついた江戸前スタイル。やや小ぶりなので女性でも食べ切れるそうです。
全日までの予約で、他では味わえないオリジナルの「天サンド」を購入することもできます。

幸鮓

本格的な江戸前寿司のお店です。特にこだわっているのは、こはだや穴子、煮蛤などの「仕事モノ」。冷凍技術のない時代に生まれた伝統の技法を今に伝えています。よく研究されている寿司として評価されています。

現代的でオシャレな町として生まれ変わりつつある蔵前ですが、古き良き江戸の情緒は今も食の中に息づいているようです。