Topsankaku意外な『トマト×和食レシピ』…
2016.06.04
意外な『トマト×和食レシピ』のおトクな効果
6月から旬を迎えるトマト。真っ赤に色付いたトマトは食卓に彩りを添えてくれます。 トマトは和食との相性もバッチリで、定番メニューもトマトを加えるだけで変化のついた味わいに。
そこで、和食ラボならではの「和食」にも使えるトマトを使った意外な和食メニューを紹介します!
和食lab

トマトジュースで作る「トマト肉じゃが」

和食lab
和食の定番料理「肉じゃが」をトマトジュースを使ってアレンジしたレシピ。 トマトジュースを使うことで時短にも繋がりますよ。
トマトの酸味が初夏にピッタリの味わいに仕上がります。

目を見張る彩り!「鮭のケチャップてり焼き」

和食lab
「甘じょっぱさ」でご飯が進む「てり焼き」にケチャップの酸味をプラスすると、さらに食欲がアップする一品に! お弁当のおかずとしても活躍するレシピですが、ワインにも合わせられます。

トマトのおトク効果「UVケア」

トマトは「初夏にピッタリ」な野菜ですが、爽やかな酸味以外にも夏に嬉しい効果が。 それは「トマトに豊富に含まれるリコピン」に秘密があるようです。
トマトに豊富に含まれるリコピンには紫外線から肌を守ってくれる「食べるUVケア」とも言える効果があるんだとか! 強い抗酸化作用によって美しい肌を維持することも期待できるそう。

効果的な食べ方は?

トマトをそのまま食べるのも良いですが、より効果を上げるには加熱したり、オイルを使って調理するとより効果的に栄養を摂取できると言われています。 トマトジュースやケチャップでも効果があるとのこと。

オーブン調理で効果アップ「焼きトマトのサラダ」

和食lab
オーブンで加熱して吸収率アップのホットサラダ。チーズの香ばしさが食欲をそそります。 トマトをと玉ねぎを切って焼くだけの簡単調理なので、お手軽に作ることができるレシピです。
 

オリーブオイルで和える「じゃがいもの和風ブルスケッタ」

和食lab
生のトマトをしょうゆとオリーブオイルのソースでトマトに味付け。 オイルで和えることでリコピンの吸収率がUPします。 じゃがいもの上にトマトをたっぷりと乗せていただきたい一品です。
これからの季節、通勤や外出中に強い日差しを浴びて肌にダメージを受けてしまうもの。 「トマト×和食」レシピで紫外線予防効果のあるトマトをたっぷりと食べましょう。
夏に嬉しい効果のあるトマトレシピは他にも。 「夏の定番野菜、ナス・トマトを使った和風レシピ」 もぜひチェックしてみてください。