Topsankaku和食のレシピsankaku【ミス・ユニバースの講師から…
2016.07.12
【ミス・ユニバースの講師から学ぶ和食レシピ】~もやし編~
安くて使い勝手の良い「もやし」は、くせのない味わいなのでどんな料理とも相性バツグンです。
栄養がないと思われがちな「もやし」ですが、実は女性に嬉しい効果がたくさんあるんだとか。 そんな「もやし」を使った和食のオリジナルレシピを紹介します。
和食lab

女性にオススメ!「もやし」の魅力

和食lab
スーパーで山積みになって売られている「もやし」。野菜の中でも群を抜いてお買い得で身近、なのに少々頼りなく見える食材ですが、“たかが「もやし」、されど「もやし」”。意外と栄養があるのでオススメの食材なんです。
栄養としては主にカルシウム、カリウム、そして葉酸を含みます。特に葉酸は、女性のためにあると言っても過言ではない成分。 ビタミンB群の一種で、母乳の出をよくしたり、貧血予防、心臓病予防、子宮頸がん予防なども期待が期待できます。

実は栄養的に優れた野菜の「もやし」。刻んでハンバーグの具に混ぜればボリュームアップと同時にカロリーダウンが叶います。 また、しゅうまいの具に混ぜたらジューシーでふわふわな出来上がりに。 量を増す役割だけでなく、しっかり栄養を含んだ健康的な料理が出来上がりますので、積極的に「もやし」を使いたいですね。

もやしときゅうりのわさび和え

和食lab
材料(4人分)
きゅうり   2本
もやし    1/2袋分
エゴマ    少々
醤油     大さじ1
塩      少々
わさび    少々

作り方
① きゅうりは斜め輪切りにして塩をしておく。水分が出てきたら軽く絞る。
② もやしはたっぷりのお湯を鍋に沸かして30秒ほど湯がく。ざるにあげたら別のボールにうつして熱いうちに醤油で和えておく。
③ ②に①のきゅうりを加え、わさびも加えたらよく混ぜ、器に盛り付けてエゴマを散らす。

旨味もやしと冷製豚肉

和食lab
材料(4人分)
生姜焼き用豚肉  200g
もやし      1袋分
青ネギ      1/2カップ

たれ
 すりおろし生姜   大さじ1
 青ネギ(みじん切り)1/2カップ
 ごま油       大さじ3
 醤油        大さじ2
 お酢        大さじ1

作り方
① 生姜焼き用豚肉は食べやすい大きさに切る。鍋に湯を沸かし、沸騰したら豚肉をしゃぶしゃぶのようにして火を通す。ざるに広げて粗熱をとる。
② もやしは沸かした熱湯でさっと火を通す。ざるに上げ粗熱をとる。
③ たれの材料を全て混ぜ合わせ、①と②を皿に盛り付けたらお好みでたれをかけていただきます。

※生姜焼き用の豚肉はしゃぶしゃぶ用の肉より厚みがある分、噛み応えと旨味が美味しさの決め手です。しっかり熱を通して用いましょう。

もやし冷やし麺

和食lab
材料(4人分)
生麺    4玉
もやし   1袋分
人参    1/3本
椎茸    4個
乾燥わかめ 大さじ2
醤油    大さじ1

スープ
 昆布椎茸出汁 約800cc
 塩       少々
 醤油     大さじ3
 酒      大さじ1
 生姜絞り汁  大さじ1/2
 ごま油    大さじ3

ごま     少々

作り方
① もやしは多めのお湯で1分ほど茹でてざるにとり、熱いうちにボールに移して醤油大さじ1をふりかけて和えておく。
② 人参、椎茸は千切りにしてさっと湯がき、①に加えてあえる。乾燥わかめは水で戻しておく。
③ スープの材料(昆布椎茸出汁・塩・醤油・酒)を鍋に入れて一煮立ちさせて冷蔵庫で冷やす。冷めたら生姜絞り汁とごま油を加える。
④ 大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸かし、表示されている湯で時間で麺4玉を茹で、冷水で冷やしてざるにあげる。
⑤ 器に麺を取り分け、③のスープをかけて②の野菜とわかめを飾り、最後にごまを散らす。

※スープの塩加減はお好みの塩梅でどうぞ。
「もやし」は前菜やおかずだけでなく、メインの料理にも使える万能野菜。 麺に加えるとボリューム満点な一品になるので、満足感がアップします。 たっぷり食べてもヘルシーな「もやし」を使ったメニューをお試しあれ!
伊部久仁子
芯美道家/ハルモニアハウス主宰。
現在、日本総合医学会会員の食養指導士を務めている。 2015年には「ミス・ユニバース・ジャパン」のビューティーキャンプ講師として活躍。 Yoga Shakti NLPスクール認定のリストラティブヨガインストラクターの資格を保持している。