Topsankaku和食のレシピsankakuお中元の残り物「そうめん」使…
2016.07.22
お中元の残り物「そうめん」使いまわし!新感覚の和食メニュー
夏の風物詩、そうめん。暑い日によく冷えたそうめんはとても美味しいものですが、お中元でもらうと食べ切れずに余らせてしまうこともあるのでは? そこで、残りがちなそうめんの活用法をご紹介します。普通のそうめんに飽きてしまった時にもオススメです。
そうめん

お手軽「そうめん寿司」

ごはんの代わりにそうめんを使った巻き寿司です。様々な食材と相性の良いそうめんだからこそ可能な活用法。醤油ではなくめんつゆで食べる新感覚のお寿司です。
太巻き寿司風以外にも、様々な具材でそうめん寿司は作れるようです。お好みの具材を色々と試してみましょう。余ったそうめんや食材を活用できるところも魅力ですね。

カリッと&もっちり「そうめんお好み焼き」

そうめんを使ったお好み焼きのレシピです。外はカリッと、中はもっちり。ソースの香りが食欲をそそります。夏バテで食欲をなくしている時もこのメニューなら食べられるかも。
普通のお好み焼きと違った食感が楽しめる「そうめんお好み焼き」。ボリューミーなのもですね。

スナック感覚の「揚げそうめん」

茹でたそうめんを使ったスナック感覚のレシピです。電子レンジで乾かして油で揚げるので、残りもののそうめんが乾いてしまった時にも使えます。
パリパリと香ばしい揚げそうめんは、小腹が空いた時のおやつや、お酒のおつまみにピッタリ! クレイジーソルトや青のり塩を使うなど、味付けを工夫すれば様々な揚げそうめんが作れます。 一度作ったらやみつきになるかも?

片栗粉をプラスして和スイーツに「そうめん白玉団子」

主食のそうめんが和菓子に変身! 茹でたそうめんは潰して丸めれば白玉団子になるそうです。
なるべく細かく潰した方が一般的な白玉団子に近い食感になるとのこと。茹でたそうめんが余った時は、白玉団子として復活させてみてはいかがでしょう。きな粉と黒蜜をかけたり、冷やしぜんざいにしたり、夏のおやつの素材として様々な使い方ができます。かき氷のトッピングにしても◎

本物そっくり?「そうめんクロワッサン」

『あのニュースで得する人損する人』(日本テレビ系)で人気の家事えもんことタレントの松橋周太呂さんが考案したレシピ。 そうめんをクロワッサン型に巻きつけ、バターを塗って焼く和風パンです。
割り箸を使ってそうめんを巻くのはちょっとコツがいるようですが、挑戦する価値あり。上手にできれば本物そっくりのクロワッサンになるそうです。

【そうめん豆知識】冷凍保存法

茹でて余ったそうめんは他の料理に使うのではなく、そのまま保存することはできないのでしょうか? 市販のチャック付きのフリーザーバッグを使えば、冷凍保存が可能なようです。
最初はフリーザーバッグから空気を抜かないのがポイントとのこと。解凍後のそうめんがベタッとしないよう、そうめんが凍ってから空気を抜くと良いそうです。そうめんが一番美味しく食べられるのはやはり茹でたてですが、余ってしまって使い道がない時は、捨てずに冷凍保存しておきましょう。
余りがちなそうめんには様々な活用法があるので、上手に使いまわしてみてください。 以前紹介した「夏のヘビロテ食材NO.1!そうめんのアレンジレシピ」も参考にしてみてはいかがでしょう。そうめんのアレンジレシピを覚えれば夏がもっと楽しくなるかも?