Topsankaku和食のニュース・トレンドsankakuごはん×牛乳は合わん!給食の…
2014.09.08
ごはん×牛乳は合わん!給食のカルシウム補給にピッタリの食べ物
給食の牛乳、ちょっと違和感…と思ったことはありませんでしたか?今、牛乳なしの学校給食が話題なんです。米所・新潟県三条市では、完全米飯給食の取り組みに続き、牛乳なし給食の試みがあるとのこと。
牛乳を飲めなくて困っている子、クラスに何人かいましたよね。ということで、牛乳に替わるカルシウム補給に役立ち、米飯給食にも合う食べ物を勝手にピックアップしてみました。
和食lab

そもそも、毎日牛乳ではなければいけない、きまりはあるのか?

給食でがんばって飲んでいた、牛乳嫌いの大人には衝撃の事実です!
「牛乳でなくてはいけない」という決まりはないのに、それでもなお、牛乳がこれほど指示されてきたのは、その栄養価の高さにあったのでしょうか。

今、牛乳なし給食が注目される理由

和食lab
「主食・おかずをしっかり食べよう」という狙いとともに、完全米飯給食に合わせて「食べ合わせの食育」の狙いもあるんだそうです。給食でも和食の良さは見直され、パン・麺食が減っているとのこと。確かに、大人になれば、ごはんと牛乳を一緒に食べる機会はありません。定食屋で「牛乳」が出てきたら、驚きです。
食べ合わせの配慮で、子供たちの好き嫌いが少しでも無くなったら良いですよね。

実は牛乳も50%しかカルシウムを吸収できていなかった!

和食lab
カルシウムは吸収率の悪い栄養素の一つ。食べ合わせを工夫して、効率よく吸収するような献立が重要なのですね。

牛乳にかわる、カルシウムの多い食材とは?

和食lab
牛乳200mlで、カルシウムが220mg。他の食品で代用すると、どれくらい食べれば良いのでしょうか? カルシウム摂取におすすめの食材の中でも、特にカルシウムを豊富に含む食べ物を紹介します。

豆腐<厚揚げ

和食lab
厚揚げ半分で、牛乳1本分のカルシウムをカバー出来るようです。
お醤油よりもクエン酸を多く含むポン酢で食べれば吸収率もアップします。
豆腐類は、厚揚げやがんもどきなど、いろんな食材で摂ることができるので、飽きずにいただけます。

昆布<ひじき<煮干し

和食lab
カルシウムの定番食材、煮干しはダントツの含有量。5尾で牛乳1本分です。
ミキサーで粉砕した煮干しをお味噌汁やスープに入れたり、ふりかけにしてごはんにかければ、手軽にカルシウムが摂れます。

しらす干し<干しえび

和食lab
しらす干しも、比較的カルシウムが多く含まれていますが、干しえびはその10倍!
大さじ半分で、牛乳1本分をカバー出来ます。
チャーハンに混ぜたり、卵焼きの具にしたりと、定番料理に混ぜこめば、香ばしさも楽しめますね。

ほうれん草<小松菜

和食lab
葉もの野菜なら、小松菜がおすすめ。1/3把食べれば、牛乳1本分。
おひたしにお吸い物、彩りが美しく、目にも美味しい料理が楽しめます。

味が似ている食材でも、含有率に差が出るカルシウム。実は、ちょっと意識を向けるだけで、牛乳と同じだけのカルシウムは、料理で摂ることが出来てしまいます。最近なんだかイライラしてるかも?という大人も、ぜひ和食からカルシウムを摂取してみてください。