Topsankaku和食のレシピsankaku作り置き「だしマリネ」を活用…
2016.09.28
作り置き「だしマリネ」を活用!時短和食レシピ
粉末だしを野菜や肉にまぶしたり、ひたしたりして作る「だしマリネ」。週末などにまとめて作り置きしておけば、調理の時短にもなる便利なおかずの素です。そんな「だしマリネ」の作り方とおすすめメニューを紹介します。
和食lab

「だしマリネ」とは

「だしマリネ」とは野菜や肉に粉末のだしをまぶしたり、加熱しただし汁に漬けておいたりする常備菜のこと。食材のうま味や甘みがぐっと引き出されるので調味料をたくさん使わずに味が決まり、ヘルシーな料理に仕上がるのだとか。
だしに漬けておいた食材を使うだけでなく、だし汁ごと温めて調味料を加えれば手軽に絶品スープが作れるそう。一度だしマリネを作り置きしておけば、アレンジ次第でさまざまな料理に活用できます。

「だしマリネ」の作り方

「だしマリネ」の作り方には素材の食感を楽しみたいときにだしの粉末を食材にまぶす作り方と、野菜や塊肉にしっかり味付けしたいときにだし汁にひたす作り方の2つのパターンがあるそうです。
●基本の「だしマリネ」のつくり方【1】
●基本の「だしマリネ」のつくり方【2】
生肉や魚は粉末だしと一緒に少量の酒を加えて漬けておくと、生臭さがなくなり食感がアップするのだとか。
冷蔵保存した「だしマリネ」は2~3日くらいで食べきるのが良いそうです。だし汁に漬けたものは、そのまま冷凍庫に保存しても良いとのこと。

いんげんのだしマリネで「厚揚げといんげんのサッと煮」

●いんげんの「だしマリネ」
いんげんは粉末だしにひたすと、青臭さが気にならなくなりコクのある味わいになるのだとか。
●厚揚げといんげんのサッと煮
いんげんの「だしマリネ」と厚揚げをサッと煮た簡単煮物。 「だしマリネ」のだし汁としょうゆ、みりんの煮汁に厚揚げを入れてサッと軽く煮るがポイントとのこと。
いんげんにだしのうま味がしっかりと染み込んでいるので、軽く煮るだけで美味しく仕上がるそうです。

ゆでだし豚のだしマリネで「甘辛チャーシュー丼」と「ポークスープ」

●ゆでだし豚の「だしマリネ」
だしのうま味が染み込んだ「ゆでだし豚」はカットしてそのまま食べたり、焼いたり煮るなどの調理をしても美味しく仕上がるので、作り置きしておくと便利な食材なのだとか。
●甘辛チャーシュー丼
ゆで豚の「だしマリネ」を使ったスタミナ満点の甘辛チャーシュー丼。 砂糖、しょうゆ、みりんで味付けした「ゆでだし豚」は、ご飯との相性も抜群で思わず箸が進みます。
甘辛しょうゆ味も美味しいですが、お好みでみそに香辛料を少し加えてピリ辛風に味付けにしてみても良いそうです。
●ポークスープ
付け合わせには「ゆでだし豚」を浸けただし汁にしょうが、塩こしょうを加えた簡単スープを。 お好みで野菜を加えれば栄養もアップして健康に良いですね。

かぶのだしマリネで「かぶの大葉ゆかり和え」

●かぶの「だしマリネ」
かぶの「だしマリネ」は水分を切ったかぶを保存容器に入れて、粉末だしをまんべんなくまぶすだけで完成。
●かぶの大葉ゆかり和え
かぶの「だしマリネ」に大葉とゆかりを加えた浅漬け風サラダ。 カットしたかぶの「だしマリネ」をビニール袋に入れて大葉やゆかり、調味料を加えて混ぜ合わせるだけで簡単でおいしいサラダができあがります。
お好みでレモン汁を加えると、よりすっきりした味わいが楽しめるのだとか。たくさん作って作り置きしておけば、忙しい日でもすぐに食卓に並べられるので便利です。

がぼちゃの甘だしマリネで「みたらしパンプキンプリン」

●がぼちゃの甘だしマリネ
通常の「だしマリネ」にみりんやはちみつ、メイプルシロップなどを加えた「甘だしマリネ」は、コンポートにしたりデザートにしたりと、アレンジ自在とのこと。
●みたらしパンプキンプリン
かぼちゃの「甘だしマリネ」が絶品スイーツに変身。 甘だしによってかぼちゃ本来の甘み、うま味が際立ち、甘さを加えなくてもコクが出るのだとか。 甘いものが苦手な方にもオススメの一品です。
蒸し器の代わりにフライパンに湯を沸かし、プリン液の入った耐熱容器を入れて蓋をして蒸しても良いそう。
みたらしあんのとろみ加減は「甘だしマリネ」のだしを少量ずつ足して調整するのがポイントだとか。
「だしマリネ」は素材にだしがしっかり染み込んで減塩、減糖でヘルシーな料理に仕上がるので、健康にも良いですね。数種類の食材を作り置きしておけば、日々の料理もとっても楽になるはず。野菜や肉料理だけでなくスイーツにも使える「だしマリネ」を試してみてはいかがでしょうか。