Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku「焼き芋アイス」復活!実はこ…
2014.09.02
「焼き芋アイス」復活!実はこんなにある!まるで”焼き芋”なスイーツ
3年前に、惜しまれながら販売が終了した、井村屋の幻の人気アイス「焼き芋アイス」が今日から復活!販売を再開したそうです。 見た目がそのネーミング通り、まるで焼き芋。ということで、今回は、”まるで焼き芋”なさつまいもスウィーツを紹介します。
焼き芋

「焼き芋アイス」復活に喜びの声

なんと、初登場は1982年という、30年以上もの歴史を持つ「焼き芋アイス」。3年ぶりの待望の復活に期待できそうです。

皮まで食べられる、まるで焼き芋!

この断面の皮がほろっとしている感じ、まさに焼き芋です。

肝心のお味はいかに?

インパクトのある見た目に負けじと、味も本格派のよう。チョコのアクセントとは、ちょっぴり意外ですね。

焼き芋ならではのホクホクの食感、そのワケは?

さつまいもを輪切りにしたような「さつまいもクッキー」

さつまいもをそのまま輪切りにしたような見た目に遊び心を感じるクッキー。「ステラおばさん」や、「無印良品」から発売され、その見た目の可愛さから、女性ファンが多い。実は、手作りだってできちゃいます。

こちらは丸ごとの定番「スウィートポテト」

舟型のあのスウィートポテトかと思いきや、こんなキュートなタイプもあったのですね。安納芋を使った甘くてちょっと贅沢なレシピ。

スウィートポテトは、日本発祥のお菓子だった!海外の反応は?

あまり知られてはいませんが、実はスウィートポテトは日本発祥のお菓子。 元々「スィートポテト」は英語で「薩摩芋」を指すもので、日本で食べられているようなお菓子を指すものではありません。こちらのレシピを見た海外の人の反応は?

和菓子の定番「おまんじゅう」も焼き芋風


【おまけ】そのまんま丸ごとスウィーツ「丸干し芋」

こちらは正真正銘の丸ごとさつまいも!通常の干し芋よりも、作るのに手間暇がかかる貴重な自然派スウィーツです。
そもそも、干し芋に、丸干しと、平干しがあることをご存じでしたか?普段私たちが目にしているものは、平干しタイプなのだそうです。 都内では、銀座にある茨城のアンテナショップ「茨城マルシェ」で入手できます。

”皮ごと”の見た目が可愛いさつまいもスウィーツ、実はこんなにあったんですね。
手作りも実は意外と簡単なので、秋の差し入れやお土産におすすめです。