Topsankaku和食の技sankaku味はそのまま!さんまをフライ…
2014.09.07
味はそのまま!さんまをフライパンで焼く方法
何と言ってもさんまの美味しいシーズンがやってきましたね!
お魚料理は体にいいけど、グリルを洗うのが面倒なのが主婦のホンネ。さんまのシーズンだけは、そんなこと言わず、えい!と洗いたいところだけど、フライパンがありました!初心者でも簡単にさんまをおいしく焼く方法を紹介します。
さんま

まずはベーシックなさんまの塩焼きの手順

さんまをフライパンで焼くときは、一尾をまるごと入れることができないので、半分に切るところから始めます。
基本をおさえたら、次はフライパン。

フライパンでさんまをおいしく焼くときの3つのコツ

和食lab
さらに、おいしく焼くにはいくつかのコツがあるようです。

便利グッズのフライパン用ホイル「クックパー」を活用

旭化成のフライパン用ホイル「クックパー」を活用すると、もっとラクにさんまを焼くことができるんだそうです。

さらにおいしさを追求するなら、鉄のフライパン

熱伝導率と保温性の高い厚手の鉄のフライパンを使うと、さらにおいしくさんまが焼けます。

鉄のフライパンのお手入れ

やっぱりおいしくいただくには、ちょっとした手間は惜しまない方が良いのかも…。
グリルなどと違って、煙や臭いをさほど気にしなくてもいいフライパンで焼くさんま。ちょっとしたコツや、便利なすぐれものグッズを使えば、ふだんあまり料理をしない初心者でも、ちゃんとおいしく焼くことができます。フライパンを活用して、日本を代表する秋の味覚のさんまを、もっと気軽に調理して味わってみてください。