Topsankaku和食のレシピsankaku【ミス・ユニバースの講師から…
2016.10.16
【ミス・ユニバースの講師から学ぶ和食レシピ】~ゴマ編~
日本の食卓に欠かせない“ゴマ”ですが、旬は9月~10月と言われています。 “ゴマ”は健康を維持するために欠かせない栄養素を多く含み、特に女性にとって嬉しい効果を秘めた食材なのだとか。 今回はそんな“ゴマ”を使ったオリジナルレシピを紹介します。
和食lab

美容に効果がある“ゴマ”

和食lab
“ゴマ”と健康の関連性は多くのことが知られていますが、今回はその中でも“ゴマ”特有の成分“ゴマリグナン”について取り上げてみたいと思います。
“ゴマリグナン”は主に脂質の酸化を防ぐ働きがあり、抗酸化作用によるシミ・シワの発生抑制と美肌に効果が期待できると言われています。
また、植物性エストロゲンの一種である“ゴマリグナン”は女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをし、ホルモンバランスが改善されることで女性特有の不定愁訴(ふていしゅうそ)である、頭痛・肩こり・イライラ・だるさ等の緩和も期待できます。

いつまでも美しくありたいという女性の飽くなき探求を満たすためにも、“ゴマ”は進んで摂りたい食材と言えるでしょう。

さつまいものゴマ煮

和食lab
材料(4人分)
さつまいも   中1本
ゴマ      大さじ2
醤油      大さじ2

作り方
①さつまいもは綺麗に洗い、皮のついたまま食べやすい大きさの乱切りにする。
②厚手の鍋に①とかぶるくらいの水を入れて蓋をし、中火にかける。ゴマはすり鉢で粗めにすりつぶしておく。
③②のさつまいもの鍋が沸騰してきたら醤油を入れて落とし蓋をし、水分が1/3くらいになるまで中〜弱火で10分煮る。
④さつまいもが柔らかくなったら②のゴマを加えて全体をよく和える。

※出来立てを食べても美味しいですが、1日置くとゴマのコクとさつまいもの甘みがこなれてさらに美味しくなります。

胡麻豆腐

和食lab
材料(5人分)
ゴマ     1/2カップ
葛      1/2カップ
水      2カップ
塩      小さじ1/2
わさび    適宜

作り方
①炒りゴマはそのまま、洗いゴマは香ばしく炒ってからすり鉢でじっくり滑らかになるまで擦る。
②①に水1カップを加えてさらに擦る。
③葛を同量の水で溶き、②と合わせる。すり鉢に残ったゴマも水1カップでよく洗ってさらに加えて、こし器でこして塩を加える。
④③を鍋に移して中火にかける。木ベラで搔き回し続けながら沸騰してきたら弱火にして40〜50分程練り上げる。
⑤ツヤが出てモッタリとしてきたら火を止めて粗熱をとる。濡らしておいた容器に移し入れて表面を平にして冷蔵庫で冷やす。人数分に切り分けてわさびを乗せる。

ゴマバターの野菜サンド

和食lab
材料(2人分)
☆ゴマバター (1瓶分)
 ゴマ   1/2カップ
 塩    小さじ1

全粒粉パン   2人分
きゅうり    1/2本
スプラウト   1つかみ
塩       適宜

作り方
①ゴマバターの作り方 
炒りゴマはそのまま、洗いゴマは香ばしく炒ってからすり鉢でじっくりなめらかになるまで擦ったら塩を加えてさらに擦り、保存瓶等に入れて保存する。
②全粒粉パンはサンドイッチ用に薄くスライスしてゴマバターを塗る。
③きゅうりは輪切りにして②に敷き詰めて塩を降り、スプラウトを重ねてパンで挟む。

※シンプルな和風サンドイッチですがゴマの旨味で驚きの美味しさです。ゴマバターは植物性スプレッドなので胃にもたれる感じが少ないと思います。ぜひおためしください。
健康に良いとされる“ゴマ”は、美肌やホルモンバランスの改善などにも効果が期待できるそうです。 食生活に気を使う人はもちろん、美を探求する女性も、これらのレシピを普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょう。
伊部久仁子
芯美道家/ハルモニアハウス主宰。
現在、日本総合医学会会員の食養指導士を務めている。 2015年には「ミス・ユニバース・ジャパン」のビューティーキャンプ講師として活躍。 Yoga Shakti NLPスクール認定のリストラティブヨガインストラクターの資格を保持している。