Topsankaku和食のレシピsankakuヘルシーに食べられる!…
2016.10.28
ヘルシーに食べられる! 揚げないで作る和風揚げ物レシピ
食欲の秋にはついつい美味しいものを食べ過ぎてしまうものです。 しかし、食べ過ぎた時に気になってしまうのがカロリー。 できることならヘルシーな食事でお腹を満たしたいですよね。 そこで今回は、定番の「揚げ物」を“油”を使わずに作れる和食レシピを紹介します。
和食lab

揚げない揚げ物レシピ①「大学芋」

旬の“さつまいも”を使った“油”で揚げないヘルシーな「大学芋」です。 ご家庭にある調味料とフライパンだけで手軽に作れるとのこと。 また、揚げないで作るので後片付けも簡単なのだとか。
フライパンで“さつまいも”を焼く時は、箸などを使って火の通り具合を確認しながら調理すると良いそうです。 また、“お酢”を入れることで“砂糖”が固まりにくくなり、“さつまいも”が焦げるのを防いでくれるのだとか。

揚げない揚げ物レシピ②「からあげ」

焼いて作る「からあげ」です。 “片栗粉”を多めに入れることで“鶏肉”がパサつくのを防ぎ、ジューシーに仕上げることができるのだとか。 冷めても美味しくいただけるので、お弁当のおかずにしても良いそうです。
“鶏肉”と調味料を混ぜ合わせる時には、ビニール袋の中で揉み込むと後片付けも簡単になるそうです。 また、“サラダ油”の代わりに“ごま油”を使えば、風味が良くなるのだとか。

揚げない揚げ物レシピ③「とんかつ」

“油”を一切使わないヘルシーな「とんかつ」です。 オーブントースターの魚焼きグリルを使い、弱火でじっくり焼き上げるのがポイントなのだとか。 “乾燥パン粉”はあらかじめ炒って冷凍保存しておくと、調理の手間を省けるそうです。
「とんかつ」が焼きあがったら、“ソース”や“塩”などで味付けをすれば出来上がり。 市販の“とんかつソース”に“からし”と擦った“白ゴマ”を加えたオリジナルソースで味付けするのもオススメなのだとか。

揚げない揚げ物レシピ④「塩昆布チーズのスコップコロッケ」

揚げずに作る和風「スコップコロッケ」。 通常の「コロッケ」と違い、“じゃがいも”の代わりに“豆腐”を使っているので、よりカロリーを抑えることができるのだとか。 ココット皿でかわいく作れる、1人分のレシピです。
「スコップコロッケ」をオーブントースターで焼く時は、“パン粉”がきつね色になるまで待つのがポイント。 “豆腐”と相性の良い“塩昆布”で味付けをしており、具材には“枝豆”も入っているので、お酒のおつまみにしても良さそうです。

‘揚げない揚げ物レシピ⑤「豆腐春巻き」

オーブントースターで焼いて仕上げる「春巻き」です。 具材に“豆腐”を使うことで、よりヘルシーな料理になるのだとか。 パリパリの皮と柔らかい口当たりの“豆腐”は相性抜群とのこと。
“豆腐”の代わりに“卵豆腐”を使っても良いそうです。 「春巻き」に入れる具材は、火を通さなくても食べられるものにするのがポイントとのこと。 “アボカド”や“ズッキーニ”などを入れてみても良いかも知れません。

定番の「揚げ物」もアレンジ次第で揚げずに作ることができるようです。 “揚げ油”を使わないのでカロリーを抑えて調理することができ、後片付けも簡単に済ませることができるのだとか。 ヘルシーな「揚げない揚げ物」ならば、食欲の秋を思う存分満喫できるかも知れません。