Topsankaku和食の技sankaku味覚狩りで手に入る秋の食材を…
2016.10.22
味覚狩りで手に入る秋の食材を堪能! 和食アレンジレシピ
秋に旬を迎える“果物”や“きのこ”などを採れたての状態で食べることができる味覚狩り。 その場で食べるだけでなく、採った食材をお土産として持ち帰ることができるプランや取れたての食材を販売している施設もあり、自宅でも秋の味覚を楽しむことができるそうです。 そこで今回は、秋の味覚狩りを行える人気スポットと、そこで採れる食材を使った和食アレンジレシピを紹介します。
和食lab

味覚狩り①「しいたけ狩り」高槻しいたけセンター

大阪府高槻市にある“しいたけ”狩りスポットです。 採った“しいたけ”は持ち帰るだけでなく、隣接しているバーベキューレストランで調理して貰うこともできるのだとか。

・しいたけのアレンジレシピ「しいたけの肉詰めあんかけ」
和食lab
持ち帰った“しいたけ”に鶏ひき肉を詰めたアレンジ料理です。 肉厚な“しいたけ”のプリッとした食感が楽しめるのだとか。
“しいたけ”は軸を根元からしっかり取り除くのがポイントとのこと。 ご飯のおかずとしてはもちろん、お酒のおつまみにしても良さそうです。

味覚狩り②「栗拾い」山本農園

岐阜県中津川市にある味覚狩りスポットです。 “栗”拾いの他に“りんご”や“ぶどう”など、旬な食材を収穫することもできるのだとか。

・栗のアレンジレシピ「白玉だんごと栗の冷やし汁粉」
和食lab
“栗”は茹でるだけで美味しく食べることができますが、和スイーツにアレンジしてみるのもオススメです。 「白玉だんごと栗の冷やし汁粉」は、“栗”のまろやかな味わいを楽しむことができるのだとか。
水の代わりに“豆乳”を使う「白玉だんごと栗の冷やし汁粉」。 味付けに“しょうゆ”を使っているのも面白いですね。

味覚狩り③「まつたけ狩り」アルプスの郷 梅松苑

長野県下伊那郡松川町にある“まつたけ”料理を堪能できる店です。 時期が合えば“まつたけ”狩りを楽しめるほか、おみやげ販売やお取り寄せも行っているのだとか。

・まつたけのアレンジレシピ「まつたけと鶏ささみのお吸い物」
和食lab
“まつたけ”一本で4人分を作れる「お吸い物」です。 貴重な“まつたけ”の香りを存分に楽しめる料理なのだとか。
“鶏ささみ”の下ごしらえは、筋を下にして置き、包丁でしごくようにして筋を取り除くと良いそうです。

味覚狩り④「ぶどう狩り」戸沢遊覧ぶどう園

山梨県甲府市にある“ぶどう”園です。 販売は一年を通して行っており、試食もできるとのこと。 また、お土産コーナーには“ぶどう”を使ったジュースやお菓子、ワインなども扱っているそうです。

・ぶどうのアレンジレシピ「ぶどうと寒天の梅酒ソーダかけ」
和食lab
“ぶどう”と“寒天”に“梅酒”を注いだ大人の和スイーツです。 使用する“ぶどう”の品種は“デラウエア” がオススメとのこと。
“デラウエア”は戸沢遊覧ぶどう園で手に入れることができるそうです。 戸沢遊覧ぶどう園では他にも、“巨峰”や“マスカット”など、数種類の“ぶどう”を扱っており、他の品種を使えば違う味わいが楽しめそうですね。

新鮮な秋の食材はシンプルな調理法で食べてももちろん美味しいですが、アレンジ次第で一風変わった料理になります。 秋の味覚狩りを楽しんだあとは、手に入れた素材を使って、これらのレシピを活用してみてはいかがでしょう。