Topsankaku和食を彩る雑貨・道具sankaku東京で陶芸体験! オリジナル…
2016.10.26
東京で陶芸体験! オリジナル和食器が作れるアトリエ
食卓を彩る食器。 自分で作った器に料理を盛り付ければ、いつもと一味違った食事を楽しめるかも知れません。 そこで今回は、都内で自分好みの食器を作れる陶芸教室を紹介します。
和食lab

白金陶芸教室

港区白金、都心近くの静かな住宅地にある陶芸教室です。初心者から経験者までどんなレベルにも対応しているとのこと。 “一日体験コース”では、“手びねり”と“電動ろくろ”から好きなコースを選んで、お茶碗・湯呑み・どんぶり・ぐい飲みなど、好きなものを作れるそうです。
お店情報
街中の喧騒から離れた「白金陶芸教室」では、先生から丁寧に指導をしてもらいながら、無心で陶芸を体験できるとのこと。 “一日体験コース”の他に、“手作りギフト制作コース”、“急須作り体験コース”、“季節の品を創るコース”などもあるようです。

陶芸教室Futaba

上板橋駅から徒歩4分の立地にあるアットホームな陶芸教室です。 東京芸術大学出身の講師陣に教えてもらって、世界に一つだけの器が作れるとのこと。 “1日体験教室”では手回し式の本格ロクロを使用し、お茶碗・湯呑み・小鉢などを作ることができるそうです。 また、サインやメッセージも自由に入れられるのだとか。
お店情報
教室の雰囲気が良く、初心者でも本格的な陶芸が楽しめるとのこと。 「陶芸教室Futaba」は少人数制なので、サポート・アドバイスをしてもらいやすいのも嬉しいところ。 もっと本格的に学びたい場合は“月会員コース”もあるようです。

師楽(しらく)

町田駅から徒歩7分の場所にある教室で、広々とした落ち着きのある雰囲気が魅力なのだとか。 ゆのみ・カップ・茶碗・小鉢の中から好きなものを選んで器を形造る“1日陶芸体験教室”や、自分で作った器に色を塗るところまで体験できる“3回陶芸体験教室”があるそうです。
お店情報
「師楽(しらく)」の体験教室は手ぶらで参加OKとのこと。 体験用のエプロンを貸してもらえるので、服が汚れることはほとんどないそうです。 形や模様・色など、工夫できる部分が豊富にあって楽しめるのだとか。

うづまこ陶芸教室

東京タワーから徒歩10分、交通の便に恵まれながらも閑静な住宅街の中にある陶芸教室です。 “陶芸一日体験プラン”は、湯呑み・お茶碗・そばちょこなどを作れる“電動ろくろコース”と、四角いお皿・サンマ皿・徳利などが作れる“手びねり(テーブル)コース”の二種類から選べるそうです。
お店情報
一人一人丁寧に教えてもらえて、通いやすい立地にある「うづまこ陶芸教室」はリピーターが多いのだとか。 曜日によっては英語による授業もあるそうなので、海外の人でも通うことができそうです。

Organon Ceramics Studio(オルガノン・セラミックススタジオ)

北千住駅より徒歩13分、金・土・日曜日だけ開講している陶芸教室。 決まったカリキュラムはなく、参加者の興味や技術に合わせて、その都度必要な知識や技巧を教えてくれるそうです。「organon(オルガノン)」という名前には、教室での陶芸体験が新しい感性を得るきっかけになってほしいという願いが込められているのだとか。
お店情報
“1日体験コース”には“電動ろくろ体験コース”と“手びねり体験コース”があるとのこと。 粘土の塊が徐々に食器になっていく過程は楽しく、作品を食卓で使う嬉しさは格別なのだとか。

都内には和食器を手作りできる教室がたくさんあるそうです。 どの教室にも一日体験コースがあり、難しい作業はプロにお任せすることもできるのだとか。 自分だけのオリジナル和食器を作りたい人は、陶芸体験が出来る施設を訪れてみてはいかがでしょう。