Topsankaku和食の名店・達人sankaku忘年会や新年会にも! 「お通…
2016.12.24
忘年会や新年会にも! 「お通し」にこだわる東京都内の和食店
居酒屋に行くと最初に出される「お通し」。出されるものはお店によって様々ですが、中には「お通し」と呼べないくらい豪華で手の込んだ料理が出される場合も。そこで今回は忘年会や新年会にも使える、東京都内の「お通し」にこだわるお店を紹介します。
和食lab

神田 『かんだ光壽(かんだこうじゅ)』

神田にある居酒屋『かんだ光壽(かんだこうじゅ)』の「お通し」はとても豪華な一汁八菜です。「つみれのお吸い物」などの汁物と、旬の食材を活かした一品料理の数々は、日本酒に良く合うと評判。他の料理をオーダーするのは、「お通し」を全部食べてからと言われています。
お店情報
「お通し」以外に日本酒にも強いこだわりを見せる『かんだ光壽(かんだこうじゅ)』。頼んだ日本酒に合わせて、“おちょこ”やワイングラス、カクテルグラスなど器を使い分けることも。カウンターとテーブル席あわせて36席ほどの人気店なので、予約して行くのがオススメです。


新橋 『かき小屋』

新橋にある『かき小屋』はその名の通り、「お通し」も“牡蠣”を中心とした貝料理。新鮮な“あさり”や“ムール貝”などが一緒に出されることがあり、各席にある網で豪快に焼くことができます。
お店情報
『かき小屋』は新橋以外にも、中野や高円寺、町田など都内に数店舗あります。土日や祝日の昼には“焼き牡蠣食べ放題”も行っていますが、予約が必要なので注意しましょう。


西新宿 『ろばた翔』

炉端焼き(ろばたやき)のお店『ろばた翔』の「お通し」は豪華な「お刺身5点盛り」。宮崎県青島港から直送されるという新鮮な魚介は日本酒との相性も抜群です。
お店情報
『ろばた 翔』では利き酒師が厳選した日本酒を豊富に取り揃え、常に30種類以上がラインナップ。出される料理も魚介が中心で、“お刺身”や“焼き魚”、“煮魚”など魚の種類に合わせて様々な調理法を行っています。


渋谷 『巖(いわお)』

日替わりの「お通し」を出すお店が多い中で、『巖(いわお)』の定番お通しは「しらす大根」。大量に出される“釜揚げしらす”はふっくらとした食感で、大根おろしとの相性も抜群、思わず箸が止まらなくなる美味しさと好評です。
お店情報
築70年を超す古民家を改装した、隠れ家的な雰囲気も好評な『巌』。日本酒は日替わりで20種類以上用意されており、「お刺身盛り合わせ」も人気です。


新宿三丁目 『とときち』

新宿三丁目にある『とときち』は築地などから新鮮な魚介を仕入れ、季節に合わせた美味しい「お通し」を出してくれると評判です。“蟹”などが入った「茶わん蒸し」や「海老のうま煮」、「なす味噌」などはどれも日本酒との相性が抜群。
お店情報
『とときち』では全国各地の珍しい地酒や日本酒も取り揃えており、中には季節限定のものも。板長による日替わりの一品料理やコースメニューも人気です。


東京都内には「お通し」にこだわるお店が数多くあり、どのお店も自慢の一品を最初から惜しげもなく出してくれます。 新鮮な「お刺身」や「牡蠣」といった素材の味を活かしたものから、手の込んだ一汁八菜料理まで出されるものは様々ですが、どの「お通し」も各店の特徴を表したものばかり。忘年会や新年会はこれらのお店を利用して、最初からおおいに盛り上がるのもオススメです。