Topsankaku和食の名店・達人sankakuコスパ抜群! 「未利用魚」を…
2017.01.05
コスパ抜群! 「未利用魚」を使った海鮮料理店
スーパーや鮮魚店などに並ぶことなく捨てられてしまう「未利用魚(みりようぎょ)」をご存知でしょうか。美味しく食べることができるのに、様々な理由からお店で販売されることが無かった魚介たちですが、最近ではこの「未利用魚(みりようぎょ)」を有効活用した海鮮料理店が増えています。
和食lab

「未利用魚」とは

「未利用魚(みりようぎょ)」とは、サイズが不ぞろいであったり、漁獲量が少なく採算が合わないために低評価となってしまっている“魚介”のことを指します。
「未利用魚(みりようぎょ)」は捨てられることになっていた食べ物を有効活用できるだけでなく、工夫次第では新しい市場として大きなビジネスチャンスにもなるため、注目されています。

未利用魚を扱うお店① 東京都・有楽町 『魚治(UOHARU)』

築地市場に入荷される「未利用魚」を有効活用するために作られた『築地もったいないプロジェクト 魚治(UOHARU)』は、値段が付きにくい魚をあえて使用することで、低価格で高品質の料理を実現。普段は食べることができない貴重な部位をリーズナブルな価格で楽しむことが出来るので、お得感も満載です。
お店情報
新鮮な魚介類だけではなく、「豆腐飯」も『魚治(UOHARU)』の名物の一つ。魚の煮汁で作られた「豆腐飯」は、豆腐の中に魚のうま味が凝縮されていて深い味わいに仕上がっています。

未利用魚を扱うお店② 愛知県・岡崎 『龍のおとし子(たつのおとしご)』

全国各地の居酒屋に魚介を卸している水産会社直営の『龍のおとし子(たつのおとしご)』。こちらの店では産地直送の魚介類が日替わりで楽しめる「刺身盛り合わせ」を、市価の約半額の値段で食べることができます。
お店情報
その日獲れた新鮮な魚介類が楽しめるのは水産会社直営ならでは。漁船をイメージしたような店内は、仲間で集まってワイワイ楽しむのにも良いかも知れません。錫(すず)製の酒器で楽しむ絶品の地酒もオススメです。

未利用魚を扱うお店③ 静岡県・伊東 『波魚場(はとば)』

静岡県の伊東市にある『波魚場(はとば)』は漁協直営のお店で、「未利用魚」を積極的にメニューに取り入れています。鮮度が落ちやすいため、刺身で味わう機会が少ない「うるめいわし」や「そうだがつお」などを楽しめたり、見た目とは裏腹に味は絶品という魚介を食べることができます。
お店情報
『波魚場(はとば)』オススメのメニューは“伊豆ジオパーク”とのコラボレーションで作られたという「ジオ丼」。「未利用魚」を使ったメニューで、リーズナブルな価格で新鮮な海の幸を堪能できます。数量限定のため、早めにお店に行くと良いかも知れません。

【おまけ】自宅で楽しめる宅配寿司 『京山』

『京山』では「未利用魚」を取り入れた寿司の出前販売をしています。普通の寿司とは一風違ったネタを楽しめるので、ホームパーティーなどの際に利用してみてはいかがでしょう。
普段なかなか食べることのできない「未利用魚」ですが、宅配してもらえると食べる機会が増えそうですね。 美味しいだけでなく、楽しく食事をすることができそうです。

“規格外”であったり、“漁獲量が少ない”だけで世の中に出回ることの無い「未利用魚」。今回紹介したお店に食べに出かけたり、家族や仲間と集まって宅配寿司を楽しんみてはいかがでしょう。これまで味わったことのない新たな出会いがあるかも知れません。