Topsankaku和食のレシピsankaku【ミス・ユニバースの講師から…
2017.01.18
【ミス・ユニバースの講師から学ぶ和食レシピ】~海苔編~
一年を通して食卓に並ぶ「海苔」ですが、旬の季節は冬と言われています。新鮮な「海苔」は香り高い風味が特徴で、様々な料理とも相性抜群。そこで、ミス・ユニバース・ジャパンのビューティーキャンプ講師に「海苔」を使ったオリジナルレシピを教えていただきました。
和食lab

「海苔」の魅力

和食lab
「海苔」は“ビタミン”や“ミネラル”、“食物繊維”を豊富に含んだ優秀な食材です。今回はその中でも“ビタミンB1”に注目してみたいと思います。
白米を主食とする私たち日本人は、“炭水化物”(糖質)を効率的にエネルギーへと変える“ビタミンB1”の摂取が重要で、摂取量が不足すると疲労感・倦怠感(けんたいかん)、食欲不振等の症状が現れると言われています。そこで、“ビタミンB1”を含む「海苔」が大切な役割をはたすのです。

長芋と海苔の照焼風

和食lab
材料(2人分)
海苔(4等分)   1枚
長芋       10cm
油        大さじ2

<タレ>
醤油       大さじ2
甜菜糖      大さじ2
みりん      大さじ1
粉山椒      少々

作り方
①醤油・甜菜糖・みりんを鍋に入れて中火でとろみが出るまで煮詰める。
②長芋は皮をむいてすりおろす。
③熱したフライパンに油をしいて②の長芋をスプーン等で海苔に乗せて海苔の面から焼く。火加減はフライパンに入れたら中火にして反対側も焼き、①のタレを回し入れて煮詰める。
④最後に粉山椒を振り入れて出来上がり。

海苔煮麺

和食lab
材料(2人分)
海苔     2枚
そうめん   2束
昆布椎茸出汁 2カップ
塩      少々
醤油     大さじ1
わさび    適宜

作り方
①昆布椎茸出汁を温め、塩と醤油で薄めに味を整えておく。海苔は手で小さくちぎっておく。
②そうめんを表示の時間茹でて水にさらさずに①のだし汁へ投入して一瞬沸騰させる。
③②を器に盛り付けて海苔を振りかけてわさびを添える。

※つゆの味付けは薄めにして、海苔の香りとわさびでさっぱりとお楽しみください。

海苔巻き小むすび

和食lab
材料(3人分)
米           2合
海苔          1・1/2枚
塩鮭(焼いて皮を除いてむしる)  大さじ1
梅干(種を外して果肉をみじん切りにする) 中1個
野沢菜(みじん切り)  大さじ1

作り方
①ご飯を炊いて3等分にしたらそれぞれ塩鮭、梅干し、野沢菜と合える。
②①をそれぞれ4個くらいになるように小さめにむすぶ。
③海苔は1枚を8等分にして②に巻く。

※小さくむすんだ小むすびは、お好きな具で数種類作っておくと忙しい日や食欲のない日にとても重宝します。

日本人にとって身近な食材である「海苔」は、和の食材とも合わせやすくて栄養も豊富。これらのレシピを普段の献立に取り入れて、「海苔」の風味をより楽しんでみてはいかがでしょう。
伊部久仁子
芯美道家/ハルモニアハウス主宰。
現在、日本総合医学会会員の食養指導士を務めている。 2015年には「ミス・ユニバース・ジャパン」のビューティーキャンプ講師として活躍。 Yoga Shakti NLPスクール認定のリストラティブヨガインストラクターの資格を保持している。