Topsankaku和食の技sankaku世界が注目する日本の加工食品
2014.07.30
世界が注目する日本の加工食品
「無形文化遺産」への登録で、ますます世界で注目を浴びる日本食。ブームに乗って、醤油やみりんなどの調味料、日本酒など加工食品の輸出が伸びています。
このビジネスチャンスを、日本の食品加工業界が見逃すはずがありません。今、世界に進出している日本が誇る食品加工の技術について紹介します。
調味料

食品輸出の中でも高いシェアを誇る日本の加工食品

カップラーメン
日本の食品輸出の40%弱が加工食品と水産調整品です。加工食品は、日本の食品輸出を支えています。

日本の食品輸出額が過去最多に

食品輸出
ひと昔前までは、領土が狭く、食品の輸出量が少なかった日本。今では、世界中に日本食レストランが増えたことも影響し、お酒や調味料をはじめ、日本ならではの食材の輸出が伸びています。

アジアで日本の加工食品を製造販売!日本の技術が世界へ

醤油
今、日本の加工食品の現地での製造販売が活発になっています。おいしい日本食レストランが増え、調味料や食材にこだわる海外のお客さまが増えている今、ビジネスチャンスとして注目されています。

やっぱり日本の技術はすごい!食品製造機は世界で活躍中

食品製造機
機械製造で効率化が流通の要になる食品産業。日本ならではの繊細な技術は、日本食ブームをきっかけに、世界の食品加工技術のレベルアップにますます貢献していくのではないでしょうか。