Topsankaku日本の郷土料理sankakuコロッケ食べてる場合?全国の…
2014.08.10
コロッケ食べてる場合?全国のご当地屋台めしを喰らえ!
連日の台風ニュースに、夏祭り・花火大会中止報道、しょんぼりしている人もいるかもしれません。でも、ちょっと足をのばして全国各地のお祭りに行けば、個性派屋台めしがある!行けなくてもお取り寄せもある!ネットユーザーの間では、「台風の日は、コロッケ」が恒例行事となっているそうですが、ご当地屋台めしはいかが?
お祭り

大阪府民にとっては当たり前や~大阪【たこせん】

たこせんというと、パリパリのおせんべいを想像した人も多いかもしれませんが、ぷるぷるのたこ焼きをまるごとおせんべいでサンドしたもののこと。上手に食べないと、たこ焼きがぷりっと飛び出ることも…。やけどにも気を付けて。

【たこせん】のレシピ

材料は、せんべい、たこ焼き、マヨネーズ、青海苔、てんかすのみ。たこ焼きパーティの〆に、自宅でも楽しめますね。
カリッとしたおせんべいと、とろとろのたこ焼きの食感が楽しめる屋台めし。片手で持って食べる気軽さも◎。冷凍たこ焼きでも、お試しあれ。

山形県民お祭りの味【どんどん焼】

ルーツは、もんじゃ焼きだったんですね。

【どんどん焼き】のレシピ

くるくるっと上手に巻くテクニックは動画でどうぞ。
具なしのレシピも多いけど、定番の具は魚肉ソーセージと海苔。素朴な材料でなんだか懐かしい味。ノスタルジックな気分に浸れるかも?

山形山辺町の屋台デザート【酢だまり氷】

かき氷に酢醤油?ところてん感覚で食べられる爽やかなデザート。そのルーツはやっぱりところてんにありました!
やっぱりかき氷は甘くなくっちゃ!という方にはこんな食べ方も。酢醤油に更にいちごシロップをかけるんだそう。味はちょっと想像ができませんが…。

地域で違う【イカ焼き】阪神編

こちらは阪神のイカ焼き。お好み焼きに近い感じなのだとか。レシピも紹介しちゃいます。
■材料
■作り方

地域で違う【イカ焼き】知多半島編

知多半島のイカ焼きは、阪神とはちょっと違います。小麦粉をつけてそのままプレスするだけのシンプルなもの。阪神のイカ焼きのつもりで頼んでびっくりする人もいるようです。ある意味贅沢な一品。
こんなマシーンで、一気にジュ~っとプレスするようです。

新潟の屋台スウィーツ【ぽっぽ焼き】

黒砂糖と小麦粉を細長い型で焼く「ぽっぽ焼き」
油も卵も不使用、ミネラルたっぷりの黒糖で作る、ヘルシースイーツです。 素朴な材料ですが、モチモチの食感が楽しめる屋台の味。

米粉パンミックスで作る【ぽっぽ焼き】

スティックケーキ型で作れるようです。

お味噌が香ばしすぎ!群馬【焼き饅頭】

香ばしい、お味噌の香りが食欲をそそります。
巨大な焼きまんじゅうのお祭りまで行われているそうです。
地元のみなさんの中には、これって全国区じゃなかったの?と思った方もいたのでは?それほどご当地の屋台めしは、地域に根付いているもの。逆に違う地方の人にとっては驚きや発見がいっぱい!

各地、屋台めしのお取り寄せも充実しているので、お出かけできないときでも食べられますよ。