Topsankaku日本の郷土料理sankakuB-1グランプリ目前!新感覚…
2014.10.12
B-1グランプリ目前!新感覚まちおこしグルメ【中国編】
10月18・19日に福島県郡山市で開催されるB-1グランプリ in 郡山。その開催にちなんで、鳥取県琴浦町の「琴浦あごかつカレー」や島根県松江市の「おどん」など、観光客誘致に熱心な中国地方ご当地のユニークな新感覚まちおこしグルメをまとめました。
かつカレー

トビウオのすり身揚げを使った鳥取県琴浦町の「琴浦あごかつカレー」

「あご」とは山陰地方でトビウオのことをいいます。このあごをすり身にして揚げ、カレールーと一緒に食べるご当地グルメです。

島根県松江市のおでん+うどんの「おどん」

響きに何ともインパクトのある一品。あご(トビウオ)の出汁を使った「松江おでん」にうどんを加え、岩のりをトッピングした、山陰らしい料理です。

デミグラスソースのかかった岡山県岡山市の「デミカツ丼」

岡山でかつ丼といえば、卵とじではなくデミグラスソースがかかったものが出てくるとか…。店によって甘めだったりトマトベースだったりとバリエーションがあるようです。

焼きみかんをそのまま鍋に入れる山口県周防市の「みかん鍋」

ウンシュウミカンの栽培が盛んな周防大島の名物をそのまま鍋料理にした、ビジュアルのインパクトが何とも強烈な一品。みかんは鍋に入れる前にまるごとオーブンに入れて焼くのだそうです。

豚のホルモンから作る広島県広島市の「せんじがら(せんじ肉)」

お好み焼きや牡蠣に隠れた、豚のホルモンから作る知られざる広島の珍味。お酒のおつまみにぴったりのようです。

瀬戸内と日本海にはさまれた中国地方。特に人口が少ないといわれる山陰地方は、まちおこし事業に熱心なようで、出雲大社や鳥取県境港市の水木しげるロードのような観光地とともに、古くからある出雲そば、宍道湖七珍(島根県)、松葉ガニ料理(鳥取県)などに加えて、若い人にもアピールできるような新ご当地グルメの開発に取り組んでいる様子。その努力が観光客誘致につながるよう、見守っていきたいものです。