Topsankaku和食のレシピsankaku明日のお弁当のヒントになる「…
2014.10.15
明日のお弁当のヒントになる「おにぎらず」人気の具・味付けは?
にぎらずに包むだけの手軽さで、おにぎりよりも具の可能性が広がる「おにぎらず」が話題になりましたね。運動会のお弁当にさっそく活用した人も多いのでは? 今回は、明日のお弁当のヒントになる人気の具をご紹介します。
和食lab

元祖は「クッキングパパ」

「おにぎらず」感動秘話はこちらにあります。

クッキングパパ発となれば、味は折り紙付きですよね。
さっそく基本の作り方から紹介します。

おにぎらず 基本の包み方

1.ラップの上に海苔を敷き
2.中央にごはん、具、ごはんの順にのせ
3.カドから中心に向かって海苔をかぶせるだけ

豚キムチにサンチュで韓国風にもなります。

おにぎりよりも少ないごはんで具沢山、実はヘルシー

このボリュームでごはん200g=1膳強。卵やお肉でタンパク質を、アボカドやきゅうり、レタスなど、おにぎりよりも野菜の具を入れやすいので工夫次第で栄養バランスも良い健康メニューになりそうです。

サンドイッチの定番「ハムチーズ」

サンドイッチの定番の具・ハムとチーズでおにぎらず。 チーズと海苔の相性は抜群です。

冷めてしまった揚げ物もおにぎらずで復活!

揚げ物を使ったボリューム満点のおにぎらず。冷めてしっとりした揚げ物も、美味しくいただけます。
チリソースや甘酢、マヨネーズなど、ソースでのアレンジもおすすめ。葉もの野菜を一緒に挟めば彩りもキレイ!

冷蔵庫にあるもので作れちゃう!「おかかチーズ」

知る人ぞ知る、おにぎりの定番の具「おかかとチーズ」も「おにぎらず」に。チーズと鰹節のマリアージュを楽しんで。

野菜を具にした「おにぎらず」で野菜嫌いを克服!

人参に、セロリ、パプリカといった子どもが苦手なお野菜も、大好きなお肉とのミックスにして、「おにぎらず」に。これなら食べてくれるかな?

お弁当の定番「とりそぼろ」

お弁当の定番、とりそぼろ。寒い季節なら、作り置きもできるので、お弁当に朝ごはんに重宝します。

なつかしい「桜でんぶ」もおにぎらずだと新鮮に!

桜でんぶと昆布の佃煮という、懐かしい組み合わせ。おにぎらずなら、断面がきれいに見えるので、桜でんぶの鮮やかさが引き立ちます。
ちょっとした工夫で可能性は無限大の「おにぎらず」。お弁当は作るのが大変という方も、ごはんとおかずが一緒になった「おにぎらず」から挑戦してみては?