Topsankaku和食の名店・達人sankakuサイドメニュー凝り過ぎ!回転…
2014.11.14
サイドメニュー凝り過ぎ!回転寿司驚きのサービス
最も手軽にお寿司が食べられる場所と言えば「回転寿司」
価格競争でコスパ抜群であることも去ることながら、子供が楽しめる仕掛けや、デザート、変わり種の寿司ネタから、大人も満足の産地こだわりネタなど、お店によって個性もさまざま。美味しいお店から楽しめるお店になりつつあるようです。
和食lab

「スシロー」の寿司にぴったりの「ラーメン」

最近、ネットでサイドメニューに注目が集まる回転寿司と言えば「スシロー」。
「寿司に合うラーメン」があるらしいのですが、実際の相性は?
抵抗がある方も、ごはんに味噌汁気分で注文してみては?

サイドメニューうますぎ!スシローならぬ「ポテロー」!?

これだけサイドメニューで「美味しい」と評判になるとは、サイドメニュー食べてみたさの来店客もいそうですね。デザートやラーメン、うどんだけ食べに行くのも、お店としてOKなんだそうです。もちろん、本家本元の寿司ネタも充実しているのでお忘れなく!

「ビッくらポン!」や「鮮度くん」など新しいサービスで話題「無添くら寿司」

ビッくらポン!は、オリジナルグッズがもらえるなど、子供がまた来店したくなるようなゲーム制がある仕掛けのこと。鮮度くんは、回転寿司で心配になる“乾燥”対策として非常に効果的です。

日本発の新システム「鮮度くん」

こちらは一般販売もしているそうです。回転寿司のテーマパーク化を目指しているという「くら寿司」。
こんなに楽しい仕掛けや工夫があれば、家族で行きたくなりますね。

名前の由来は水流で回していたから!「かっぱ寿司」

「新幹線」があっという間にお寿司を運ぶ!

いつの時代も新幹線は子供に大人気。その新幹線がお寿司を運んでくれるというのだから、子供たちも大満足ですよね。

首都圏厳選 極上回転寿司No.1! 「回し寿司 活」

和食lab

見たら頼まずにはいられない?豪快「こぼれイクラ」

何とも豪華な一品。他にも旬のネタやイベントメニューが盛りだくさん。お出かけの際は、行列覚悟で来店を。

今や回転寿司は無くてはならないものになりました。どの店も大体一皿100円程度と差が無いので、新しいサービスで差をつける必要があるんですね。これからも美味しいだけじゃなく、楽しい回転寿司にどんどん進化していって欲しいです。
関連タグすし屋雑学