Topsankaku和食の素材sankaku「ザ!鉄腕!DASH!!」で…
2014.11.06
「ザ!鉄腕!DASH!!」で紹介されたニッポン全国の特産物
今年9月放送の3時間スペシャルで驚異的な視聴率をたたき出した日本テレビの「ザ!鉄腕!DASH!!」
TOKIOのメンバーの自給自足生活の中で、これまでさまざまな全国各地の美味しい農産物が紹介されて来ましたが、過去の放送で取り上げられた物の中から、今が旬のお野菜を紹介します。
和食lab

芋好きならこの秋一度は食べたい 種子島「安納いも」

焼き芋が美味しい季節。安納いもは特に甘みが強く、ジャムやスイーツの材料としても人気ですよね。 番組でも紹介された、安納いものスムージーはお砂糖なしでも満足の一品です。

冬限定の絶品 北海道「雪下にんじん」

厳しい環境で育った「雪下にんじん」は香りが良く、甘みが強い、生でも美味しくいただける逸品です。

茹で落花生がブームになっている千葉「落花生」

千葉の名産・落花生も、その土地ならではの土質を活かした農産物です。八街の落花生は粒が大きいのも特徴。新鮮な落花生でしか作れない「茹で落花生」で戴くのが人気です。
茹で落花生なら渋皮も食べやすいですよね。

限られた土でしか作れない 佐賀「れんこん」

和食lab
干拓地ならではの土壌を活かして栽培されるレンコン。
実は部位によって、適した料理があります。
料理のバリエーションが豊富なレンコン。実はビタミンCが豊富なのだとか。
加熱してもビタミンCが失われにくいとは、生野菜で体を冷やしたくないこれからの季節に嬉しい野菜。
新鮮なレンコンが手に入ったら、独特の粘り気と食感を思う存分楽しめ、しかも簡単に作れるシンプルなステーキでいただきたいものです。

ニラはニラでも高級な 岡山「黄ニラ」

手間ひまかけて栽培される、「黄ニラ」は実は青ニラと同じ植物。2年もかけて育て上げるとは驚きです。
黄ニラの魅力にとりつかれ、黄ニラ農家でもある植田さん。
きっかけは奥様の実家で食べた一皿でした。
大使のお気に入り、黄ニラみそ汁の作り方はお手軽です。

山芋の最高峰 山口県「自然薯」

和食lab
栽培することは難しいとされてきた「自然薯」の栽培に成功させた政田敏雄さん。今はお孫さんの健太郎さんがその意志を継ぎ、栽培に励んでいるそうです。
栽培が難しく、自生するものは希少価値が高い「自然薯」は、古くから憧れの食材だったのですね。
そのままおろすだけでも美味しい自然薯。粘りの強さを活かした、磯辺揚げもおすすめです。

地方の特性を活かし、美味しく育てられた農産物。野菜の名ブランドを味わえば、日常の食卓がますます豊かになりますね。