Topsankaku和食の基本sankakuそれだと「不味い」の意思表示…
2015.02.08
それだと「不味い」の意思表示?知らないと恥をかく会食の作法
自宅では無意識にやっていることが、会食の席ではマナー違反になることがあります。そう言った習慣は、頭ではわかっていても、ついつい出てしまうもの。逆に、普段から気を付けていれば、食事の所作はより美しくなります。今回は、普段から気を付けたい会食のマナーを紹介します。
和食lab

ご飯におかずを乗せる

おかずやお漬物をご飯に乗せて食べるというのは、ご家庭でよくある光景だと思います。
味の濃いおかずとのあつあつのご飯を一緒に頬張るのは、本当に幸せな瞬間ですよね。
でも、ちょっと待って。これは、会食の席ではマナー違反になってしまいます。
和食lab

食べ方の順番で「おいしくない」というサインに

会席料理や懐石料理には食べる順番のマナーもあります。
この順番を間違えたからといって「不作法だ」と思われることは少ないでしょうが、知っている人にはそう思われてしまうかもしれません。
和食lab

また、ひとつの料理の中にも箸を付ける順番があります。
こちらは人への気遣いというのではなく、美味しく食べるためになされた工夫のようなものです。
刺身

お椀の蓋の水滴はどうすればいいの?

温かいお吸い物や炊き物の蓋を開けた瞬間、蓋から水滴が…ということはよくありますよね。
慌てて蓋を外そうとすると雫が垂れてしまいます。そんなときは慌てずに「露切りの所作」を。
汁椀
自宅では、蓋つきのお椀を使うこともあまりないと思いますが、いざというときのために覚えておくと便利です。

1枚でたくさんの役割がある「懐紙」は和食の席に欠かせないアイテム

日本で昔から使われている「懐紙(かいし)」をご存知でしょうか。
懐紙とは、携帯用の使い捨て和紙のことで、茶道や和食の席などの必需品です。
懐紙は和食の席では受け皿にも使えますし、口元を拭う、汚れを拭くなど様々な使い道があります。
和菓子と和紙
最近では単なる日常品としてだけでなく、和雑貨として色々な懐紙が販売されています。
和食の席以外にもメモ用紙になったり、脂とり紙になったりと広い用途で使えるものなので、ひとつ携帯しておくと便利かもしれません。
千代紙

【おまけ】過度なおしゃれはかえって不作法

大切な席であればあるほど、気合を入れてしまいたくなるもの。
しかし、食事の席に自己主張の強い香水の香りを振り撒いていては、せっかくの身だしなみが逆効果になってしまいます。
香水
食事をするときに1番大切なのは「食事を楽しむこと」ですが、会食の席は単なる「食事の場」というだけではなく、大切な人との交流の場でもあります。マナーとは単なる決まりごとではなく、お互いに気持ち良く過ごせるような心づかい。気持ちが伝わるマナーを心がけたいものです。
関連タグマナー雑学