Topsankaku和食のニュース・トレンドsankakuロンドンの日本酒ブームを支え…
2014.12.12
ロンドンの日本酒ブームを支える女性「サケソムリエ」
タグ海外
欧米での日本酒ブームを支えている人の中に、「サケソムリエ」と呼ばれる日本人女性たちがいます。
今回は、そんな日本酒の良さを海外に伝える女性たちの活動について紹介します。
和食lab

ヨーロッパの日本酒ブームの中心地はロンドン!

和食lab
イギリスのごはんは美味しくない!というのは一昔前のお話。 高級日本料理店から、モダンな創作和食を出すレストラン、B級グルメとして人気の回転寿しまで、幅広いジャンルの和食が人気のロンドンは、日本酒ももちろん人気。
海外では蒸留酒だと思われがちな日本酒も、認知度が高まり、ワインと同じ感覚で普及し始めているとのことです。

オリンピック以来定期的に開催されている「ロンドン酒チャレンジ」

ロンドンでも、日本酒品評会が開催されているのを知ってますか? ロンドンの有名デパート、ハロッズのサロンで開催される「ロンドン酒チャレンジ」。世界で活躍する酒ソムリエにより、厳正なる審査が行われ、賞の認知度、価値ともに年々上昇しています。

ロンドンのおしゃれワインショップ「ヘドニズム・ワイン」×「松本穂波」

和食lab
ロンドンの高級酒屋「ヘドニズムワイン」の日本酒部門を取り仕切るのが、松本穂波氏。ネットショップでも50種以上がラインナップされています。
開店当時はたった2種類だった日本酒が、圧巻の品揃えになったのは、日々接客するスタッフにもまめにトレーニングを行っている松本氏の地道な努力の結果のようです。

ブームを牽引するワイン商社「ビベンダム」×「菊谷なつき氏」

人事コンサルから転職という、特殊な経歴も話題の菊谷氏。ロンドンのレストランで酒ソムリエとして活躍する傍ら、様々なイベントにも積極的に参加し、日本酒の普及に貢献されています。
ロンドンのレストランで酒ソムリエとしての実績を積んだのち、ワイン商社「ビヘンダム」から声がかかります。 ビヘンダムが日本酒販売に成功したのには、菊谷氏のトレーニングの成果が影響しているのではないでしょうか。
▼菊谷なつきさんのブログ

元CAの酒サムライ「平出淑恵氏」

日本酒ブームのきっかけとなる、IWC(ワインの国際品評会インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の「SAKE部門」設立に貢献したのが、元キャビンアテンダントの平出氏。
キャビンアテンダントと酒サムライという二足のわらじで「SAKE部門」の設立を成功させた後、本業の退職後も複数の肩書きを持つパワフルな女性、平出氏。日本酒という文化に限りないポテンシャルを感じているという彼女こそ、日本酒ブームの母と言えるのかもしれません。

今後も期待される日本酒ブーム

日本料理以外とのマリアージュも普及しつつ昨今。ロンドン発の日本酒に合うおつまみがブームになって、逆輸入される日も遠くないかもしれません。日本酒ブームの陰には、日本人女性たちの地道な努力あり。今後もパワフルな女性たちの活躍に期待です。
関連タグ海外