Topsankaku和食のニュース・トレンドsankakuあの料理のプロも唸った!お米…
2015.01.26
あの料理のプロも唸った!お米の銘柄に合わせて炊ける炊飯器の評判は?
土鍋で炊いたごはんは炊飯器で炊いたごはんよりも美味しいと言われていますが、炊飯器も負けてはいないようです。おかゆや玄米、赤飯モード搭載や、好みの固さ・食感にしてくれるだけではなく、お米の銘柄によって炊き分けができる炊飯器があります。今回は、そんな最新型炊飯器を紹介します。
和食lab

銘柄で炊き分ける炊飯器がある

Wおどり炊き
なんと、25銘柄ものお米を炊き分ける機能を搭載。いったいいくつボタンがついているのか気になるところですが、見た目は結構普通の炊飯器です。

スマホアプリと連動で多機能に!

スマホアプリを使用することで、細かく銘柄を炊き分ける機能が実現したとのこと。他にも、アプリを使用して、様々な機能が追加されています。

パナソニックと三洋電機の技術が1つになって、美味しさは「史上最高傑作」

炊飯器なんて、どれもおなじでしょ?と思ったら大間違い。今回、一つになったパナソニックと三洋電機、それぞれの美味しく炊く技の特徴がこちら。

気になるお味は?利用者のレビュー集

同じお米も甘さが引き立つと、好評のようです。

三菱の炊き分け機能付き炊飯器「本炭釜シリーズ」

三菱も、銘柄炊き分け機能を搭載。料理のプロも唸る炊き分け機能。今後、多くのメーカーから銘柄炊き分け機能搭載商品が発売されていくのではないでしょうか。ますます外国人観光客が増える昨今、中には秋葉原で大量の炊飯器を購入する人もいるほど、日本の炊飯器は優れ物のようです。お米が大好きな日本人が産み出す今後の最新技術に引き続き期待せずにはいられません。
関連タグ調理器具