Topsankaku和食の名店・達人sankaku「ブリしゃぶ」だけじゃない!…
2014.12.04
「ブリしゃぶ」だけじゃない!旬を味わう海鮮しゃぶしゃぶ
UPDATE:2016/12/9
「しゃぶしゃぶ」と言えば豚肉や牛肉などのお肉を使うのが一般的ですが、新鮮な海の幸を使った「しゃぶしゃぶ」も人気を集めています。そこで今回は、東京都内で味わえる海鮮しゃぶしゃぶのお店を紹介します。
和食lab

ブリしゃぶの『能登美』(のとみ)

水道橋駅を出てすぐのところにある海鮮居酒屋。2016年5月31日には新橋店もオープンしました。胸が躍る“外食”の楽しみを味わえるよう、一品一品心を込めて調理するのがこだわりです。
お店情報
『能登美』の人気メニューの一つが「ブリしゃぶ」。刺身でも食べられる新鮮な“ブリ”を野菜たっぷりの“だし”にくぐらせ、ポン酢をつけていただきます。〆のメニューはうどん・ラーメン・雑炊などがあるそうです。

かにしゃぶの『かに猿』

葛西にある“かに”のお店。一年を通して楽しめる「かにしゃぶ」が大人気。各種タレにもこだわり、熟成させた“しゃぶ用ぽん酢”や手間暇かけた“ゴマタレ”で、熱々の“昆布だし”にくぐらせた“ずわいかに”の剥き身を味わえます。
お店情報
自家製のタレが好評で、特に“ゴマタレ”はゴマ特有の香ばしさを楽しめるそうです。“かに”だけでなく、“伊勢エビ”などの海鮮も人気メニューの一つ。

たこしゃぶの『三忠』(さんちゅう)

“たこや”の異名を持つ、たこ料理が売りのお店。店主はたくさんの人に“たこ”の美味しさを知ってほしいという思いからこのお店を始めたそうです。提供する品によって産地を変えるなど、“たこ”への愛情に溢れています。
お店情報
人気の「たこしゃぶ」で使われている“たこ”は北海道・釧路産の“水だこ”。透き通るほど薄切りにされた“たこ”は、ほどよい弾力と繊細な甘さでやみつきになるそうです。

鯛しゃぶの『船宿割烹 汐風』(ふなやどかっぽう しおかぜ)

目黒にある魚料理とお酒のお店。「船宿割烹」(ふなやどかっぽう)と銘打ち、四季折々の魚料理と美味しいお酒を出しています。
お店情報
数ある魚料理の中でも、「金目鯛のしゃぶしゃぶ」が一押し。薄造りの柔らかい身を、“わさびゴマ油”や“ポン酢”を付けていただきます。冬に旬を迎える“金目鯛”、『船宿割烹 汐風」の「鯛しゃぶ」で味わってみてはいかがでしょうか。

かきしゃぶの『かきしゃぶ屋』

銀座にある“かき”のお店。様々な産地の“かき”を取り寄せており、「かきしゃぶ」では3種類の牡蠣の食べ比べができるそうです。
お店情報
「かきしゃぶ」は“昆布だし”の鍋で8秒ほど泳がせると、生の時とはまったく異なる濃厚な味わいになるそうです。野菜もたっぷり付いてくるので、ボリュームも満点。

【おまけ】ブリしゃぶのレシピ

家庭でも作ることができる「ぶりのおろししゃぶしゃぶ」。脂ののった“ブリ”を、まろやかな“だししょうゆ”で味わうレシピで、野菜もたっぷり食べられます。
“にんじん”や“ねぎ”など、火の通りにくいものから少しずつ煮るのがポイント。お好みで七味唐辛子や大根おろしを付けて食べます。
様々な魚介類の美味しさを引き出すことが出来る「海鮮しゃぶしゃぶ」。お店だけでなく、家庭で作ることも出来るので、今年の冬は一風変わった「しゃぶしゃぶ」を味わってみてはいかがでしょう。