Topsankaku日本の郷土料理sankaku「団子系汁もの料理」が豊富!…
2014.08.18
「団子系汁もの料理」が豊富!違いがわかる?東北の郷土料理
岩手県の郷土料理「まめぶ汁」が、NHKの朝の連続ドラマ「あまちゃん」に登場して一躍有名になったのも記憶に新しい東北の郷土料理。自然豊かな東北には、いろんな「団子系汁もの料理」が存在するのだ。その違いについて、解説します。
和食lab

ご存じ岩手県の「まめぶ汁」

「あまちゃん」ブームで知らない人はいないというほど全国区に一気に広まったこの料理は、岩手県久慈市山形町発祥の郷土料理。醤油味の汁の中に、黒糖とくるみを包んだ甘いお団子が入っているのが最大の特徴。食べた人にしかわからない美味しさです。
まめぶ汁
そんなの知ってるよ~という方も多いでしょうから、今回はプチ裏技をご紹介。
スーパーで売っているお菓子の「クルミ黒糖」をそのまま入れるだけでお団子が完成。 まな板も汚さず、便利です。

米どころ秋田県の「だまこもち」

日本有数の米どころでもある秋田県の名物といえば、つぶした粳米のごはんを棒に巻きつけた「きりたんぽ」が有名ですが、地元では同じ材料でもっと手軽に作れる「だまこもち」もポピュラーです。

小麦粉をすいとんのように調理して食べる宮城県の「はっと汁」

あまり聞きなれない郷土料理「はっと汁」のレシピは?

小麦粉の生地を手でちぎって入れる岩手県「ひっつみ」

宮城県の「はっと汁」と似た料理ですが、岩手では生地を手でちぎって鍋に投げ入れるところが違います。
「あまちゃん」のロケ地である三陸では、さんまのすりみなど、海の幸をたくさん入れるそうです。 同じ「ひっつみ」でも、地域によっておふくろの味は違うんですね。

ご存じ青森県八戸「せんべい汁」

岩手県北部と同じもと南部藩の領土で、現在は青森県に位置する八戸では、南部せんべいを野菜や肉と一緒に鍋で煮込んだ「せんべい汁」がご当地食です。

せんべい汁のせんべいには、こんな形の南部せんべいを用意してくださいね。
「お汁+せんべい」というインパクトから、一度は食べてみたいと思った人も多いのでは?「さば水煮」缶から出汁をとるという裏技レシピもあるようです。
さらに、手軽に楽しみたいという人のために、カップ麺みたいに5分でできるインスタントせんべい汁も存在します。
秋田県をはじめ全国随一の米どころを広く擁する東北地方。米を使った料理はもちろん、天下一品なのですが、一方で米作に適さない土地を有する岩手県や青森県などの小麦粉の麺料理も見逃せません。共通しているのは、雪降り積もる冬の寒さが厳しい東北ゆえ、鍋料理が発達していることです。そこに暮らす人々が工夫をこらして代々受け継いできた、知られざる名物食をぜひ味わってみてください。