Topsankaku和食の名店・達人sankakuそんなにサービスして大丈夫!…
2014.12.19
そんなにサービスして大丈夫!?原価割れ覚悟のメニューがあるお店
何かとイベントが多い年末年始は、食事会を予定している方も多いはず。お寿司や丼もののお店をはじめ様々な選択肢がありますが、一年の終わりくらいおいしい物をお腹いっぱい食べたい!と思いませんか?今回は都内で赤字覚悟で行っている出血大サービスのメニューを紹介します。
写真AC

生ウニや金目鯛などの高級魚が1000円以下!「俺の魚を食ってみろ」

インパクト大なネーミングの「俺の魚を食ってみろ」は2012年9月にオープンしました。ちょっと手が届かない高級魚にも挑戦して欲しいという思いから生まれた刺身の7種盛りはノドクロや生ウニなどを豪快に一皿に。
2014年12月現在、都内6店舗、福岡に1店舗とますます事業が拡大しているようです。

お好み焼きから贅沢ステーキを4750円で「ぷれじでんと千房」

お好み焼きが有名な「ぷれじでんと千房」。伝統的なお好み焼きから四角い形のクレープお好み焼きまで幅広く取り揃えています。そんな千房で一日限定12食で食べることが出来る、季節の魚料理や蝦夷あわび、黒毛和牛、お好み焼付の贅沢メニューは特別な日に食べたい一品。

新鮮な魚料理はコスパ抜群の1000円「ととしぐれ渋谷店」

渋谷の駅近くにある「ととしぐれ 渋谷店」は、魚料理を中心に提供するお店。こちらのお店限定で味わえる、ととしぐれ丼は海鮮、ズワイガニ、ねぎとろ、いくら、うにがのった豪華な丼で原価率100%。衝撃の1000円!コスパ抜群でお得に刺身を食べたい方にオススメです。

大ボリュームの赤マグロはチェックして「回し寿司活 目黒店」

目黒にある「回し寿司活 目黒店」は、常時200種類以上のものを寿司ネタを取り揃えているお店。こちらのお店だけで食べられる目玉メニューは、お寿司の定番マグロの赤身です。通常のものとは違い、大きく切りつけた赤身がシャリから大胆にはみ出した大迫力。手ごろな価格も魅力の一つ。

原価率140%!赤字覚悟の「鮑奉書焼き」が1554円で「俺の割烹」

俺のイタリアン、俺のフレンチといった俺のシリーズを経営する俺の株式会社から、2013年3月15日に「俺の割烹」が新しく誕生しました。日本屈指の料理人たちを揃えて作られた料理はどれも絶品。中でもウニやホタテなどを鮑の貝殻に包み込みオーブンで蒸し焼きにした鮑奉書焼きは原価率140%の赤字覚悟で提供する一日15食の限定メニューです。
年末年始くらいは一年頑張った自分へのご褒美に美味しいものを食べたい!という方、コスパ抜群のお店に行けば、何も奮発する必要はありません。気の知れた仲間と、プチ贅沢を味わってみてください。