Topsankaku和食のレシピsankaku冷凍食品にひと手間加えるだけ…
2014.07.30
冷凍食品にひと手間加えるだけ!おもてなしの1品に大変身させる技
冷凍食品はお弁当にしか使えないと思っていませんか?意外にも夕食に冷凍食品を活用している世帯は年々増加傾向に。それほど美味しくて優秀な日本の冷凍食品は、ちょっとしたアイディアでおもてなし料理にもアレンジできるのです。
冷凍食品

アレンジする前に知っておくべき冷凍食品の扱い方

餃子
冷凍食品は、季節外れの食材も活用できて、下処理済み、調理済みで時短にもなる便利な食品。そのまま普通に食べるのであればパッケージの記載通りに調理すればいいのですが、美味しくアレンジするなら適した解凍方法や調理方法を知っておきましょう。

冷凍食品アレンジ初心者は冷凍野菜など素材そのままの商品から

ブロッコリー
冷凍のサトイモやミックスベジタブル、シーフードミックスなど味がついていない素材そのままの冷凍食品は、いつもの得意料理もひと手間省けてとても便利。味のコントロールもしやすいので、急なお客様でも失敗知らずです。シンプルな素材の味を活かしながらひと工夫したレシピもおすすめです。

おふくろの味だって、再現できます!

おふくろの味
こういった煮ものは、手間がかかるものだと思っていませんか?
冷凍和風野菜ミックスで、おふくろの味が短時間でできます。

ゴマの風味が香ばしい筑前煮

和食の定番である筑前煮も、冷凍食品を使えばアッという間ですね。特にサトイモの皮むきの手間が省けるのが一番の魅力です。包丁を一切使わずにおふくろの味ができてしまいます。ゴマの香ばしさが、食欲をそそりそうですね。

もっちり!れんこんの蒸し物

▼詳細のレシピはこちら

通常、和食を作る際には日本酒をつかいますが、このレシピは白ワインを使うところがユニーク。
白ワインを使うことによって、さっぱりとした味になるので、お父さんのおつまみにもおすすめです。

調理済みの冷凍食品も、驚きのメニューに変身

餃子やから揚げなど、調理済みの冷凍食品は、ソースやたれを作るだけでプロの味に。大人数のホームパーティには調理済みの冷凍食品アレンジが大活躍します。

タコ焼き椀

この普通のたこ焼きが、いったいどんな料理に変身するのでしょうか?
たこ焼き
たこ焼きをしんじょうに見立てた面白いレシピですね。しんじょうに比べて、出汁を含みやすく、ふわふわの食感が楽しめます。

鶏の唐揚げ巻き寿司

から揚げ+巻き寿司、どちらも子供が大好きな料理ですね。
から揚げ
これは子供が集まるパーティなどに活躍しそうですね。から揚げをそのまま出しても良いけれど、のり巻にすることで見栄えも良く、おもてなし感がアップします。フィンガーフードの一品に加えてみては?

〆のデザートは、あの冷凍食品を和カフェスウィーツ風に

食時の後のお楽しみと言えば、デザート!
冷凍食品に、アイスクリームをトッピングすれば、本格的な和スウィーツができあがります。デザートまで手作りだと、招かれる方も嬉しくなっちゃいますよね。

今川焼のアイスパフェ

まるで、和カフェのデザートみたいな仕上がりですね。あったかい今川焼と冷たいアイスクリームの組み合わせがベストマッチ。

さといものみたらしだんご風

白くてまあるいサトイモをお団子に見立たてた一品。お好みで水煮缶の小豆などを添えても美味しそうですね。

いかがでしたか?冷凍食品を使った料理は、時短だけではなく、リーズナブルなところもメリットのひとつ。もちろん商品をそのまま出しても美味しいけれど、上手に活用すれば、お料理のバリエーションが無限に広がります。冷凍庫に冷凍食品を2、3種類常備しておけば、急なお客様やホームパーティに大活躍!一目置かれること間違いなし?
関連タグお弁当冷凍