Topsankaku和食のレシピsankaku夏のそうめんヘビロテOK!体…
2014.08.13
夏のそうめんヘビロテOK!体が喜ぶそうめんのおかず
蒸し暑い夏になると、食べたくなるのが「そうめん」。ゆがく時間も短くて済むし、子供を持つお母さんにとってはありがたい食材のひとつです。朝ごはんは、そうめんで乗り切るというご家庭も多いのではないでしょうか。でも栄養が偏りそうで心配な人も多いはず。そこで、今回は手軽にできてバランスもいい子供向けのそうめん献立をご紹介します。
そうめん
そもそも、そうめんに合わせるとよいメニューってどんなものなのでしょう?
管理栄養士さんいわく、こんなメニューなんだそうです。

そうめんは七夕の食べ物!?意外と知らない日本の習慣

七夕
日本には、七夕にそうめんを食べるという習慣があり、1000年以上も前から続いていたようです。五月の節句の柏餅も同じで、実は祭事の料理。そうめんを食べながら、子供たちに、その由来をお話ししてあげるのもいいですね。
こんなロマンチックな説もあるとは…。
これを知ったら、子供たちも喜んでそうめんを食べてくれるはず。でも、そうめんと在り来たりの薬味だけで食事を済ますとなると、やっぱり気になるのが栄養面。夏に手の込んだものは作りたくないし、バランスが良くて、子供が喜ぶお手軽メニューとなると、結構難しいものですね。プロの献立を紹介します。

ミネラルいっぱい「シーフードサラダ」

シーフードサラダ
ボイル済みのシーフードを使えば、和えるだけの簡単メニューにもなりますね。お肉ばかりを好んで食べるお魚嫌いなお子さんもイカやエビのボイルなら好きな子も多い。いつもは箸が進まない野菜もしっかり食べてくれそうです。次は子供が大好きなカレー風味のレシピをご紹介します。

さっぱりそうめんにスパイシーな香りがマッチ「カレー肉じゃが」

カレー肉じゃが
ビールとの相性も良さそうなので、子供がそうめんを食べている間にパパとママはビールで乾杯なんていうときも重宝しそうなレシピです。煮物なので暑いのはいやという人は、具材をさっと炒めたら、全ての材料を炊飯器の中にいれてスイッチオンすれば、手間なしで作れます。また、豚肉は、そうめんの時にこそ食べたいビタミンB1が豊富な夏バテ防止の定番食材。

ビタミンたっぷり!豚肉を使った献立はいかが?

宮崎の郷土料理にヒントを得た「清涼感!冷や汁そうめん 」

冷や汁そうめん
ゴマとお味噌の風味が子供達にも好まれそうなアレンジですね。大葉が苦手なお子さんには代わりに刻みのりをトッピングしてもよさそう。だしに氷を入れるのは時短技。時間のある方はじっくり冷蔵庫で冷やしても良いようです。

いよいよ大本命!豚肉を使ったメインのおかず「オクラの豚肉巻き☆」

オクラの豚肉巻き
ねばねばのオクラとビタミンB1が豊富な豚肉で夏バテも一気に吹き飛ぶ?余分に作って、翌日のお弁当のおかずにも。

夏の定番焼きナスを洋風にアレンジ「焼きなすのカルパッチョ」


そうめんは見た目だけでも涼を感じさせる夏の代表食材。子供が一日中家にいる夏休みは、食卓に上がる機会が自然と増えます。いつものそうめんに一品足したり、そうめん自体の味付けを変えてみたり、子供が飽きない工夫をしているお母さんも多いのでは?最近では家庭で使える流しそうめんマシーンなども売られているので、子供たちと一緒に楽しんでみては?
関連タグそうめん時短