Topsankakuおもちを飽きずに食べられる!…
2014.12.26
おもちを飽きずに食べられる!変わり雑煮レシピ
お正月の朝と言えば、お雑煮ですよね。子供の頃、「年の数だけたべなさい」なんて言われたという人もいるようですが、そもそも日本にはハレの日に餅を食べる風習があり、神仏から祝福されるという信仰がはじまりだと言われています。
そんな願いが込められたお餅をお腹いっぱい食べても飽きない、さまざまなお雑煮のレシピを紹介します。
雑煮

コクのある鴨をあっさり出汁でいただく「鴨雑煮」

鴨というと、お雑煮よりもお蕎麦のイメージですが、あっさりしょうゆのお出汁との相性は、もちろんばっちり。 年越し蕎麦で余った蕎麦つゆをアレンジという手もありますね。
鴨雑煮

ぶりから出たコクのある出汁が深い味わい「塩ぶりのお雑煮」

今年、ひと際注目を浴びている鍋と言えば、ぶりしゃぶですが、ブームに乗っかって、「ぶり雑煮」はいかが?
塩ぶりのお雑煮

お正月カラーで彩りも鮮やか「いくら入りの彩り雑煮」

おせちに加え、お刺身や海鮮をおもてなし料理として出す家庭もあるかと思いますが、いくらを少々お雑煮用にキープ。根菜や油揚げ、こんにゃくを加えて、いくらをちょこんと添えれば出来上がり。黒い椀に鮮やかな赤が映えます。
いくら入りの彩り雑煮

お雑煮が苦手と言う方にチャレンジしてほしい「豆乳入り雑煮」

鮭や里芋などたっぷりの具を乳で仕立てたお雑煮は、女性や子供うけもよいのでは?お雑煮が苦手という方にこそ味わってほしい一品。
豆乳入り雑煮

旬の根菜がごろごろ「白みそ仕立てのお雑煮」

関西出身の方にとっては定番かもしれませんが、他の地域の人には新鮮な味。根菜の味わいが白みそとよく合う一品です。
白みそ仕立てのお雑煮
地域によって特性があるお雑煮。元旦に”我が家のお雑煮”を味わったら、他の地域の郷土料理を真似してみたりしても面白いかもしれませんね。