Topsankaku和食の名店・達人sankaku絶品!「あんこう鍋」が美味し…
2014.12.24
絶品!「あんこう鍋」が美味しい都内のお店
UPDATE:2016/10/28
捨てるところがないと言われる深海魚“あんこう”。 ユーモラスな外見とは裏腹に、深い味わいとさまざまな健康効果を秘めた魚なのだとか。 今回は、“あんこう”の健康効果と、都内で絶品「あんこう鍋」が味わえるお店を紹介します。
和食lab

“あんこう”の栄養

高タンパクで低カロリーな“あんこう”の身は、肌を健康にしてくれる“コラーゲン”が豊富で、肝には各種“ビタミン”を多く含んでいるそうです。 肝に含まれる“ビタミンA”や“ビタミンB2”は貧血や高血圧に効果があると言われており、“ビタミンE”は老化を抑えるはたらきが期待できるとのこと。
“あんこう”は深海魚ゆえに養殖ができず、捕獲も困難なため、“ふぐ”と並び称されるほどの高級魚と言われているそうです。

神田「いせ源」

神田にある都内唯一の「あんこう料理」専門店で、昔ながらの風情ある建物は昭和5年から残っているそうです。 一年を通して「あんこう料理」を提供しているだけでなく、夏場は“どじょう”・“うなぎ”・“あゆ”などの旬の魚料理も出しているとのこと。
お店情報
「あんこう鍋」は上品な旨味のある“身”だけでなく、独特の食感が楽しめる“皮”も味わうことができるのだとか。 “紅葉おろし”と“ポン酢”で食べる「あん肝刺し」も好評で、香りが良く、口の中でとろけるそうです。

月島「ほていさん」

“あん肝”が豪快に盛られた「あんこう鍋」で有名なお店です。 ボリュームもたっぷりで若い人にも人気のお店ですが、完全予約制なので来店の際には注意しましょう。
お店情報
山のような“あん肝”をスープに溶かして食べる「あんこう鍋」は、濃厚な味付けで思わず箸が進んでしまうのだとか。 “あんこうの身”や“野菜”などの具にも、しっかり味が染み込んでいるそうです。

平井「豊田屋」

総武線平井駅近くにある居酒屋です。 “あん肝”と“あんこうの身”、“白子”が溢れんばかりに盛られた「あんこう鍋」が人気で、調理の仕上げはお客さんの目の間で行ってくれるそうです。 鍋の下に敷き詰められた“白菜”にも“あんこう”の旨味がたっぷり染み込み、美味しくいただけるとのこと。
お店情報
捨てるところがないと言われる“あんこう”を余すところなく使った「あんこう鍋」。 “あん肝”が溶けた“出汁”の濃厚な味わいや、“白子”のとろけるような食感が楽しめるそうです。

四谷「たまる」

四谷にある魚料理のお店。 「たまる」の「あんこう鍋」は、“唐辛子”を効かせた醤油味なのだとか。
お店情報
“肝”・“卵巣”・“皮”・“ヒレ”等、様々な味わいを楽しめる「あんこう鍋」。 甘みがあって歯ごたえの良い“白菜”も鍋の美味しさを引き立てているそうです。

【おまけ】築地「高はし」

築地にある「高はし」では、“あんこう”の様々な部位を煮込んだ「あんこう煮」を提供しているそうです。 “醤油”や“砂糖”で味付けられた甘辛いスープに“あん肝”の“肝脂”が溶け込み、“ご飯”とも相性抜群なのだとか。
お店情報
“あんこう”の様々な部位を楽しめる「あんこう煮」ですが、中でも“あん肝”は生臭さが無く、まったりとした甘さとコクを堪能できるそうです。

味わいも健康効果も魅力的な深海魚“あんこう”。 ひとくちに「あんこう鍋」といっても、味付けや趣向はお店によって様々です。 都内にも数多くのお店があるので、お好みの「あんこう鍋」を探してみるのも良いかも知れません。