Topsankaku和食の技sankaku料理の基本sankaku視覚効果で美味しく!料理をプ…
2015.02.05
視覚効果で美味しく!料理をプロ級に仕上げる和食の盛り付け方
UPDATE:2016/7/7
手間ひまかけて作った料理は、美しい盛り付けで仕上げたいもの。 盛り付け方が良いと食欲も増してより美味しく料理を食べることができます。 今回は、和食を美味しく仕上げる盛りつけの基本と応用編、さらにSNS投稿に使える撮影のコツを紹介します。
和食lab

盛り付けの基本は「三」

和食lab
和食を盛り付けるときは常に「三」を意識すると良いとか。 見た目が三角形になるように盛り付けるだけではなく、三種類の食材を盛り合わせる、深い器に三角形の山形に盛るなど「三」を意識して盛り付けると◎
また、器に三割の余白を残す、汁物をよそうときにも器の七分目くらいまでにして三割の余白を作るなど、器と料理のバランスにも「三」の割合を考えて盛り付けると美しい見た目になるんだとか。

「立体感」を出す

和食lab
「高さを意識」した立体感のある盛り付けにすることも重要。 料理を平面に盛り付けてしまうと美味しそうに見えず、食欲がわかないのだとか。 高さを意識して奥行が出るように盛り付けると上品に見えるとのこと。
立体感を出すと言っても、お皿いっぱいの山盛りにしてしまうのはNG。 余白の部分を大事にする和食では、小高く上品に盛り付けるのが大切になります。 使う器に合わせて空間を空けるように工夫してみると良いのだとか。

「配色」を考える

和食lab
和食を盛り付ける際にはメインの食材が自然に引き立つように色彩のバランスを考えると◎ 添え物がメインの食材の色合いを邪魔しないようにしましょう。
例外として「緑(青)」の添え物はOK。「緑」は料理には欠かせない色とのことなので、彩りとして摂り入れるのがオススメ。 加熱してしまうと「緑」の色合いが悪くなってしまう場合があるので注意が必要。
バランスよく配置して、主役が引き立つ一皿になるように工夫すると良いかも。

【応用編】SNS投稿で使える和食の盛り付け

毎日の食卓の様子を撮影してinstagram(インスタグラム)やTwitter、FacebookなどのSNSに投稿している人も多いのでは? そんな時に食事がさらに美味しそうに見える撮影テクニックを試してみるのも楽しいかも。
基本の盛り付け方で食事を盛り付けて食卓にお皿を並べたら、俯瞰で撮影するのがポイント。 上から撮影するだけで、生活感が消えてオシャレな写真に仕上がるのだとか。
また、カフェご飯のように和食をワンプレートに盛り付けるのも流行っているんだとか。 現代風の盛り付けですが、こちらも三割の空白を空けることを意識して、詰め込み過ぎないようにすると良いかも。
副菜の数が少ないなど並べるお皿の数が少なくて見た目が寂しい感じになってしまう場合は、思い切ってワンプレートの盛り付けにしてみると見た目が良くなるんだとか。 基本の盛り付け方を使いつつ、自分なりにアレンジしてみてはいかがでしょう。

格式高い料亭の盛り付けも家庭料理の盛りつけも、基本は同じです。
まずは「三」を意識しながら、料理も盛り付けも楽しんでみると良いかも。 作った料理を撮影すると客観的に見ることができて上達の近道になるかもしれません。
関連タグ薬味食器