Topsankaku和食のレシピsankaku【1月の野菜】おいしさがぎゅ…
2015.01.09
【1月の野菜】おいしさがぎゅっと詰まった旬の冬野菜と簡単レシピ
冬野菜の特徴と言えば、なんと言っても甘み。冬の寒さが作り出すこの時期ならではの野菜は、おいしさがぎゅっと詰まっています。寒さに耐えて強く育った野菜を美味しくいただく簡単レシピを紹介します。
和食lab

冬野菜が甘い理由

大根や寒締めほうれん草(縮みほうれん草)が甘いのには、こういった理由があるのだそうです。
それではさっそく冬の厳しい大地で甘~く育った野菜を美味しくいただくレシピを紹介します。

素材そのままの美味しさを味わう「小松菜の辛子和え」

和食lab
厳しい寒さの中で育った小松菜で作る辛子和えは常備菜に。胡麻和にすれば、子供のお弁当のおかずにもおすすめです。

ちょっぴり中華風「青菜のにんにくじょうゆ炒め」

和食lab
ほろ苦い青菜と、香り高いにんにくじょうゆ。お砂糖をほんの少し加えるのがポイントです。

旬のお魚の美味しさを閉じ込めた「かぶら蒸し」

和食lab
かぶとあんかけで旬のお魚を美味しくいただくかぶら蒸し。冷めにくいのでこの季節のおもてなしにも最適です。

温かい「かぶのサラダ」

和食lab
かぶとえびのホットサラダは、熱いうちにドレッシングを絡めるのがポイント。かぶの葉まで美味しくいただけます。

旬のれんこんを素材のまま楽しむ「たたきれんこんのぽんず和え」

和食lab
酢れんこんや煮しめなど、おせちでも大活躍のれんこんは今が旬。新鮮でアクの少ないれんこんが手に入ったら、さっと焼き目をつけてポン酢でシンプルに味付けするだけで十分ご馳走に。

新鮮なれんこんで作りたい「れんこん餅」

和食lab
新鮮なれんこんの粘り成分ムチンは、消化を助け、老化防止・滋養強壮にも役立つと言われています。その食感を活かしたれんこんもちはいかが?

体を温めてくれる根菜類や、寒さの中で強く育った葉野菜など、香りが強かったり味が濃い野菜が多いのが1月の旬野菜の特徴。今晩のおかずに1品プラスしてみては。