Topsankaku和食の技sankaku牡蠣・ホタテ・海鮮たっぷり!…
2015.01.29
牡蠣・ホタテ・海鮮たっぷり!絶品炊き込みご飯
四季が味わえるご飯料理と言えば炊き込みごはん。旬の食材は栄養価が高く、その季節に食すと免疫力のアップに役立つと言われています。今の季節は、牡蠣やホタテなどの魚介類の旨味たっぷりの炊き込みごはんが楽しめます。今回はそんな冬の食材を使った絶品炊き込みご飯のレシピを紹介します。
写真AC

まずは冬が旬の海の幸をチェック

牡蠣やホタテなど、まさに今が旬の魚介類。様々な調理法で冬だけの美味しさを噛みしめたいですね。
写真AC
それでは、さっそく冬の海の幸が味わえる絶品炊き込みご飯のレシピを紹介します。

牡蠣の炊き込みご飯

海のミルク牡蠣のうまみが溢れる「牡蠣の炊き込みご飯」。身を崩さないように慎重に扱うのがポイント。美味しい牡蠣は貝柱が半透明で身は黄色っぽいものを選ぶようにしましょう。
KIKKOMAN

帆立の炊き込みご飯

貝柱は光沢があり、ふっくらと盛り上がっているものが美味しい帆立を見分けるポイント。上品な香りの出汁がしっかりとれるので、お客様のおもてなしと料理にもおすすめです。

たことしょうがの炊き込みご飯

タコは弾力があって、ツヤのあるものを選ぶと◎。ぬめりが気になる時は塩で揉みこむと良いでしょう。

エリンギとあなごの炊き込みご飯

九州地方では刺身で食べることもある穴子。新鮮なものは色がはっきりしていて、黒くなっていないものです。エリンギから水分が出るので、水は入れすぎないことが美味しく出来るコツ。

ブリの炊き込みご飯

冬のブリ料理と言えば、ブリしゃぶですが、炊き込みご飯にしても、あの独特の旨味が堪能できます。ブリをたれで漬けこむことで味が芯まで染み込んで噛みしめる度に旨みが溢れだします。
炊き込みご飯は、お米を節約するために雑穀や芋類などを混ぜ込んだのがはじまりだと言われてますが、今となっては、旬を味わうプチ贅沢ごはんとして食卓に上るようになりました。冬の食材をふんだんに使った炊き込みごはんで海の幸を贅沢にいただいてみては?
関連タグ冬の食材