Topsankaku和食のニュース・トレンドsankaku6kgのダイエットに成功!和…
2015.01.17
6kgのダイエットに成功!和食好きモデル・ダレノガレ明美の食生活
UPDATE:2016/11/28
スレンダーボディを誇るモデル・ダレノガレ明美さんのダイエット法をご存知でしょうか。 好きなものを食べても痩せる秘訣は、和食を取り入れた食生活にあるのだとか。 そこで今回は、和食が大好きというダレノガレ明美さんのダイエットライフを紹介します。
和食lab

話題のダレノガレ式ダイエット

洗練されたスレンダーボディで脚光を浴びているダレノガレ明美さんですが、中学2年生の頃はかなり太っていたのだとか。 しかし、徹底的な自己管理で20kg以上のダイエットに成功したそうです。
ダレノガレ明美さん自身がブログで明かしたところによると、運動やマッサージと共に、
○朝は「黒ごま豆乳バナナジュース」。
○昼は食べたいものを食べる。メニューは和食を中心に。
○夜は炭水化物を取らない。
という食事法を実践していました。
・ダイエット前のダレノガレ明美さん
ダイエット前のダレノガレ明美さんは、ウエストが80㎝あったとのこと。
その後の努力によって、大幅な減量に成功したダレノガレさん。今までダイエットがあまり上手くいかなかった人も、ダレノガレ式ダイエットを取り入れれば憧れのスレンダーボディになれるかも知れませんね。

朝食は「和風ジュース」や「スムージー」

ダレノガレ明美さんは朝食に豆乳や黒ごまを使った和風フルーツジュースや、野菜や果物のスムージーを取り入れていたのだとか。
朝食をスムージーにする場合は、作り方に注意が必要なようです。 セロリ・パセリや柑橘類には、紫外線を吸収しやすくする“ソラレン”という物質が含まれているため、出勤や通学で日光を浴びると肌へのダメージになってしまうのだとか。

昼食は栄養バランスの良い「和食」

ダレノガレ明美さんはダイエット中も、昼飯には食べたいものを食べていたそうです。 食を断つダイエットはリバウンドの元として避けていたのだとか。 ただし、食べたいものと言ってもメニューは和食が中心。 和食のヘルシーさは海外のセレブからも注目されているとのこと。
和食は油を使わない料理が多く、洋食に比べて低脂肪で低カロリーと言われています。 同じ分量でも、和食のカロリーは洋食より3割近く低くなることもあるのだとか。 ダレノガレ明美さんや海外セレブの美の秘訣は和食にあるのかも知れませんね。

「ジュニア・アスリートフードマイスター」も取得

ダレノガレ明美さんは食に関する意識が高く、「ジュニア・アスリートフードマイスター」という資格を持っているのだとか。ダイエットで一番大切なのは食事と考えているそうです。
「ジュニア・アスリートフードマイスター」とは、スポーツに適した食事を指導する資格なのだとか。 田中将大投手の妻である里田まいさんも「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格を取得したそうです。

好きな食べ物は「切り干し大根」

ダレノガレ明美さんは自身のプロフィールで、好きな食べ物に伝統的な和食「切り干し大根」を挙げています。 「1ヶ月毎日食べるとしたら何?」という質問にも「切り干し大根」と答えているのだとか。
ダレノガレ明美さんの好物だという「切り干し大根」は、大根を細く切って寒風にさらしたもので、その製造過程で甘みと栄養価が増加するそうです。 また、“食物繊維”も豊富で、腸内のコレステロールなどの排出を助けたり、便通を良くしたりする働きが期待できるのだとか。
・切り干し大根のレシピ①「切り干し大根の煮物」
切り干し大根の煮物
ダレノガレ明美さんの好物「切り干し大根」を使った煮物です。 旨味のある煮汁がしみて、飽きのこない美味しさになるのだとか。
「切り干し大根」を水でもどす時は、ボールなどに入れて泡がしっかり出るまでもみ洗いし、水気をきってから大量の水に20分ほどつけてもどすと良いそうです。
・切り干し大根のレシピ②「切り干し大根の彩りサラダ」
切り干し大根の彩りサラダ
「切り干し大根」に“パプリカ”や“きゅうり”を加えた、色鮮やかなサラダです。
材料を切って混ぜ合わせ、ぽんずをかけるだけのお手軽レシピです。 一人前56kcalとヘルシーなのも魅力です。
過去に20kg以上のダイエットに成功した経験もあるというダレノカノ明美さん。 ダイエットが続かない人も、まずは食事に「和食」や「切り干し大根」を取り入れることから真似してみてはいかがでしょう。