Topsankaku和食の名店・達人sankaku関西人に美味いと評判のたこ焼…
2015.01.29
関西人に美味いと評判のたこ焼き屋
関西人のソウルフード「たこ焼き」。道頓堀など、大阪の繁華街へ行けば、たこ焼き屋さんがたくさん軒を連ねていますが、いざ遊びに行くと、どこのお店が美味しいのかわからなくなってしまいます。そこで、関西人がおすすめする大阪のたこ焼き屋さんを紹介します。
写真AC

遠方からも訪れるのは何と言っても素材重視の味付け「おこ」

大阪の中心部から少し外れた枚方市にある「おこ」は小さいながらも地元では知らない人はいないほどの人気のお店です。おすすめの食べ方は、出汁が染みた大粒のたこ焼き。

大粒のタコが魅力「大たこ」

昭和47年創業の「大たこ」は道頓堀にある老舗のたこ焼き店。こちらのお店のたこ焼きは、なんと言っても大粒のたこが魅力。お昼時は混んでいることが多いようですので、少し時間をずらしていくようにするとスムーズにいただけます。

自分好みの焼き加減でいただける「たこ焼き処 蛸之徹」

昭和54年に北梅田に第一店舗目を開店した「たこ焼き処 蛸之徹」は、その後昭和62年に角田店、平成1年には丸ビル店にオープンしました。2008年に『ソロモン流(テレビ東京系)』にてフィギュアスケート選手の高橋大輔選手と荒川静香選手の二人が食べに行ったことで注目を集めたお店です。こちらのお店のたこ焼きは、コレステロール0、キャノーラオイル100%の生地を使用し、お客自らがたこやきを焼くシステムになっています。お店オリジナルのソースからごま醤油、酢醤油、たこつゆなど変わり種たれも魅力。

出汁に浸して食べるちゃぷちゃぷ?「道頓堀 赤鬼」

道頓堀にあるその名も「道頓堀 赤鬼」。過去に『ごぶごぶ(毎日放送)』でも紹介されたこともあるお店です。こちらのお店のたこやきは、カツオと昆布でとった出汁で和風の味わいですが、お出汁につけた明石焼き風の「ちゃぷちゃぷ」や辛口たこ焼きなど、個性派メニューが揃うお店です。

お酒も楽しめる「龍馬亭」

新大阪の屋台からスタートした「龍馬亭」は場所を移し、大阪市福島区福島に店を構えています。ソースとマヨネーズのオーソドックスな味付けから味の改良を加え、現在のネギ醤油たこ焼きが完成したのだとか。またお酒も取り扱っているので、仕事帰りのサラリーマンの憩いの場にもなっているようです。

たこ焼きの生みの親は、福島県民だった!たこやきのルーツ

大阪名物たこ焼きですが、その意外なルーツご存じですか?
写真AC
たこ焼き原型の生みの親は、大阪府民でも関西人でもなく、福島県民。明石焼きからヒントを得て今の形へと変化したのですね。 そんな意外なルーツに思いをはせながら、たこ焼き激戦区で、ここだ!というあなた好みのたこ焼きやさんをぜひ見つけてみてください。