Topsankaku和食の名店・達人sankaku京都で美味しい釜飯が食べられ…
2015.01.31
京都で美味しい釜飯が食べられるお店
京都の食の楽しみと言えば・・懐石におばんざい、湯豆腐に和菓子・・実は「釜飯」も超ハイレベル!知られざる釜飯の穴場をご紹介します!
写真AC

月村

四条河原町の路地裏にある「月村」は創業昭和20年で、懐かしさを感じる昔ならではの雰囲気のあるお店です。過去には、『今ちゃんの「実は・・・」(TV朝日系)』でも紹介されたお店です。山賊焼やえび芋煮といった家庭料理を中心に取扱っており、人気メニューは釜飯。牡蠣の釜飯は、牡蠣の味を活かすために少し甘めの味付けになっているのだとか。こちらの釜飯は、全て陶製の釜で炊くというこだわりもあるようです。

鯛釜飯と一緒にお酒も楽しめる「つぐ」

日本の名店で修業を積んだ店主が料亭さながらの料理をお手軽な価格で提供してくれる「つぐ」。丁寧に出汁をとり、素材の味の良さを大切にした味付けが魅力。釜飯は鮭やいくらの釜飯、紀州梅とちりめん山椒の釜めし、天然鯛の釜めしなどがあります。器からはみ出そうなくらいのボリュームの鯛と優しい出汁の味が特徴なのだとか。

鯛はじめ10種類以上の釜飯を提供する「竹きし」

祇園にある「竹きし」は京阪本線祇園四条駅のほど近くにある正統派の京料理を味わえるお店。京都産の生麩や湯葉、魚介類は日本海から直送など食材へのこだわりを感じられるこちらのお店では、鶏ときのこや小芋とおじゃこ、海鮮バター、蟹や牡蠣など10種類以上の釜飯を取り扱っています。蟹や牡蠣の釜飯は身がきゅっと引きしまって食べ応え十分のようです。

特選米で炊き上げる種類豊富な釜飯「SPOON」

京都四条烏丸駅の近くにある「SPOON」は京都らしさを感じる雰囲気のあるお店。合鴨農法で育った特選米で炊き上げる釜飯は、なめたけおろしやウニの和風クリームの他に、鯛や牡蠣など、四季折々の食材で作る本日の釜飯もあるようです。

ボリュームたっぷり!牡蠣と銀杏の釜飯「余志屋」

先斗町にある「余志屋」は、路地を入った奥にあるアットホームな雰囲気のあるお店です。おばんざいや四季折々の料理を釜飯に加えた料理を食べに遠方からも足を運ぶ人も多いのだとか。釜飯の種類は牡蠣やきのこなど8種類。ボリューム満点で食べきれない人はお持ち帰りも可能のようです。

注文してからお店でひとつひとつ丁寧に炊き上げられる旨みがギュッと詰まった釜飯。京都に立ち寄った際にはぜひ旬のおいしさを味わってみてください。
関連タグ関西地方