Topsankaku和食の歴史・雑学sankaku食わず嫌いなんてあり得ない!…
2014.07.30
食わず嫌いなんてあり得ない!魯山人が食べた驚きの食材と感想
タグ雑学
好き嫌いが激しく、好きな料理ばかり食べている方にぜひ読んでいただきたい、魯山人の珍味の楽しみ方。
食べ物を大切に、愛おしみながら味わう魯山人の好奇心溢れるエピソードを、過去に食べた珍味と一緒に紹介します。
魯山人

山椒魚(サンショウウオ)

和食lab
今ではなかなか口にすることは出来なくなってしまいましたが、「食べたことがないものを食べて、美味しい物を発見したい!」という魯山人の好奇心が伝わってくるエピソードです。

生くちこ このこ

寒海鼠かんなまこの胎卵が「このこ」、なまこの卵巣を干した物が「くちこ」
なまこは口から産卵することから、その名が付けられたのだそう。乾燥させて食べるのが定番で、地元の人も生で食べることは稀。今は、冷凍の瓶詰めで楽しめます。

このわた 海鼠腸

魯山人も憧れる「鮎の洗い」

塩焼きが定番の鮎。子どもの頃から憧れていたものが食べられた時のおいしさは、きっと格別だったことでしょう。

現代人も試せる「納豆茶漬け」

現代人は、なかなか手が出しづらい珍味中の珍味が多い中、誰でも試せる魯山人のおすすめメニューを見つけました。
納豆へのこだわりが、こんな形でグッズにもなっています。

珍味を楽しむ極意

食への飽くなき探究心から、あらゆるものを食した魯山人。
世界各国の食材や料理が楽しめるようになった現代、魯山人が生きていたら、どんなにうらやむことでしょう。
食べ物を大切に、そしてもっと美味しく味わう工夫は、現代人こそ見習うべきところがありそうです。
関連タグ雑学