Topsankaku和食の歴史・雑学sankaku2015年は「西南西」を向い…
2015.01.20
2015年は「西南西」を向いて恵方巻を食べよう!
もうすぐ節分、デパートやコンビニでも盛り上がりつつある「恵方巻」商戦。毎年目新しい具材も登場して節分を盛り上げています。今年の恵方は「西南西」!節分で丸かじりする前に知っておきたい、恵方巻の由来と今年の恵方巻トレンドを紹介します。
和食lab

恵方巻きの由来は?

和食lab
ルーツは大阪の花街とのこと。七つの具が入った太巻き寿司が基本でした。

「恵方巻き」ネーミングの歴史は浅かった!

それもそのはず。「恵方巻」の名前が定着したのは平成になってからなのです。

「恵方」って何?

和食lab
恵方を向いて、ひと言もしゃべらずに、一気に食べるのだそうです。

今年の恵方巻きトレンドは?

既にコンビニではお目にかかれる「恵方巻き」。今年気になる恵方巻きを紹介します。
なんともインパクト抜群の一品。頭からかorしっぽから?どちらから食べるか悩みそうです!
地元の高級黄ニラを使った、ご当地ものも登場。
一気に食べるにはもったいない!高級松阪牛を使用した一品です。
お子様に人気の妖怪ウォッチも恵方巻きに。
スイーツものも、ここ数年よく見かけます。こちらはココアワッフルで見た目も恵方巻にかなり近づいています。
チョコバットも恵方巻き仕様に!これならかなり手軽。

「恵方巻き」基本のレシピ

自分でも作れる恵方巻。食べられるサイズが調整できるのも嬉しいですよね。 お好みの具材を持ち寄って、節分パーティーも楽しそうです。
和食lab

ネーミングの歴史は浅くとも、節分の定番アイテムとして進化し続ける「恵方巻」。ご家族と、友人と、太巻きに豆まき、楽しく節分を過ごして、今年の運気をあげてみては。
関連タグすし郷土料理